ブログタイトル

建物方位によって、違ってくる!?

こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、建物方位によって塗膜の劣化スピードが変わることについて、取り上げたいと思います。

 

建物の環境や場所によって変わりますが、あなたの家も、もしかしたら、同じような現象が見られるかもしれません。注意深く建物の周囲の壁をまずは、見てみて下さい。このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

 

塗膜を劣化させる要因としては、紫外線、酸性雨、熱、降雨、などがあげられます。

そして、建物の方位から見ると東西南北で塗膜の劣化も変わってきます。

(太陽の動き)

では、最も太陽光があたる南面はどのような現象がおこるのでしょうか?

南面は、最も太陽光があたり建物温度が高くなります。熱の影響により、塗膜の膨れが発生しやすく、さらに紫外線の影響で塗膜表面の樹脂が分解されたり、有機系の着色顔料が破壊されたりするため、チョークキングや色あせがみられるようになります。

では、太陽光があたりにくい北面はどのような現象がおこるのでしょうか?

直射日光が当たりにくい北面は、湿気を好むカビが発生しやすく、太陽が適度の当たる

東西面では藻が発生しやすいです。

カビや、藻は塗膜を栄養源として繁殖するため、建物美観を損なうだけでなく、塗膜の性能を低下させてしまいます。

 

(カビ・藻)

塗膜の劣化スピードを緩やかにするためには、南面を紫外線の強い高耐候性塗料、北面を考慮して防藻・防カビ剤の入った塗料を使用していくことで塗膜の劣化スピード、美観を保つことができます。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます

プロタイムズ大好き!

診断のご連絡お待ちしています

プロタイムズ沖縄中央店

☎098-988-3118


全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!