3つのポイント

  • どんな色がいいかわからないなら
  • 気になっている色があるなら
  • おしゃれな外観を目材したいなら
  • ポイント①理想とするお住いのイメージを具現化する|具体化に役立つイメージスケール・配色例
  • ポイント②様々な方向からチェック!納得の一色を決める|色選びの際の注意点、人気色ランキング、施工事例集
  • ポイント③知っておきたい単色以外の外壁塗装|ツートン・バイカラー配色例、デザイン塗装など

ポイント③ 知っておきたい単色以外の外壁塗装

塗装は塗料を単に塗るだけではなく、幾つかの色を塗り分けたり、石調仕上げのように仕上がる塗料を使用したりと一工夫するだけで、ぐっとデザイン性を高めることができます。

まとまる配色か、きわだつ配色か考える

イメージに合わせて『まとまる配色』がいいか、『きわだつ配色』がいいか判断しましょう。

まとまる配色|穏やかで静かな感じに仕上げたい時|共通の調和 きわだつ配色|スポーティで活動的案感じに仕上げたい時|対比の調和

色と色の組み合わせ面積比を意識する

複数の色を使用したい方は、ベースカラー(基本)・アソートカラー(調和)・アクセントカラー(変化)の3色を基本に考えるといいでしょう。男性のスーツ姿にたとえるとスーツがベース、ワイシャツがアソート、ネクタイがアクセントというイメージです。

全体の印象がベースカラーで決まります。それを補助するためにアソートカラーを用いて、さらに個性をプラスするためにアクセントカラーを用います。ベースを際立たせるための配色やベースをぼかす配色など、目的に応じてさまざまな取り合わせがあります。

A:ベースカラー(約70%)=外壁の色|B:アソートカラー(約25%)=屋根や塗り分けする場合の外壁の色|C:アクセントカラー(約5%)=車庫の色やテラス、ドアの色

ツートン・バイカラーで成功する組み合わせと塗り分け方

より個性を出したい方にオススメのバイカラー(2色使い)は大きな面積の塗り分けに効果的です。縦縞模様はクールでスタイリッシュに。横縞模様は落ち着いた穏やかな印象を与えます。

■ アクセント×縦縞
窓の形状に合わせ縦ラインがアクセント サイドの高い色で建物の角がアクセント
■ アクセント×横縞
ベランダのラインあるいは、1Fと2Fの境界線の帯がアクセント スライリッシュで若々しい感じに・・上に濃い色、したを明るくした例

また使う色味に対しても印象がガラリと変わります。

  • ■ 穏やかな組み合わせ

    穏やかな組み合わせ
  • ■ 爽やかな組み合わせ

    爽やかな組み合わせ
  • ■ 穏やかな組み合わせ

    華やかな組み合わせ

組み合わせる色味に応じて家を大きく見せたり、すっきり見せたり、個性的に見せる事ができます。なりたいイメージに沿って色選びをすることが大事です。

いかがだったでしょうか。
色選びに関するご相談はもちろん、屋根の人気色、A4サイズの色見本や塗板の貸出も無料で行なっております!
気になった方はぜひお気軽にお問い合わせください!

気になる色など、お気軽にお問い合わせ下さい!A4サイズの色見本や塗板の貸出も行っております。|お問合わせはコチラ
ポイント②様々な方向からチェック!納得の一色を決める

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!