ブログタイトル

沖縄県 やすい 外壁塗装

沖縄県うるま市の外壁塗装 防水工事專門店
プロタイムズ沖縄中部北店 (株)プロタイムズリビングの     渡慶次です。

ゴールデンウィーク前は悪天候でしたが、ゴールデンウィーク中は晴れ間が広がり、やっと晴れたかと思いきや来週から雨の予報で今度は梅雨入りかという感じの沖縄の天気ですが、建物の状態はいかがでしょうか?

 

梅雨が明けて次にやってくるのが強烈な紫外線が続く『夏』

taiyou2

そして強烈な暴風雨を引き連れてやってくる『台風』です。

shizensaigai_typhoon

沖縄の建物にとって一番劣化が進む季節がやってきます。

「台風が来る前までに塗装をしておきたいんだけど・・・」とお考えの方も多いと思います。

でも・・・・

 

外壁塗装や屋上防水工事を『やすいから!』と値段だけで選んでいませんか?

外壁塗装工事や屋上防水工事は食べ物や雑貨などの出来上がった物を購入するのとは違い、これから行う工事や工事に伴うサービスを購入する形態です。

ですから値段だけで判断し工事後に、思っていた内容・サービスと異なる・・といった例や工事後は良かったけれど2~3年後に不具合が沢山でてきて工事を依頼した会社に連絡をしたけれど、対応してくれないといった事例も多くあります。

安いと言っても高額の塗装や防水工事。本当に値段だけで判断してもいいのでしょうか?

今日は工事会社を選択する際、値段以外でここはチェックした方がよいというポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

しっかりと建物を調査・診断しているか?

私たちが具合が悪くて病院に行く際、お医者さんは診察を行い症状をみたあと検査をしっかりと行い、治療方法や薬の処方を行っていきますよね。

それは建物も同じです。

magnifier2_nurse

きちんと建物を調査した後でないと、どういう補修がどの範囲で必要なのか、また、どういう材料をどれくらい使用した方が適切なのかを知ることができません。

ですから、建物を見てその場で正確な値段を出すことはできません。

また、「1缶あたり何㎡塗れます」といったメーカーの基準もあります。

図面をお借りして壁面積を拾い出すか、建物をきちんと実測しないと面積がでませんので、メーカーの基準を守る事ができずに塗装後不具合が出てしまいます。

また、新築ではないのでひび割れや爆裂等の痛みをきちんと壁面ごとに確認して拾い出していく必要もあります。

このような段階を踏まえて作成された見積もりは、

◎壁面積の把握→ペンキの量(缶数)が把握できる

◎ひび割れや爆裂の数量を拾う→痛みに応じた補修方法を決定し、事前に使用する材料の量が把握できる

◎建物の面積や痛みに応じて職人の数・日数を事前に把握できる

など根拠のあるものになる為、工事を依頼する側も納得しやすいですよね(^^)

 

工事範囲を示していますか?

どの建物も同じ内容の工事という事はありません。建物の状態やお客様の意向によって工事範囲は変わってきます。

例えば・・・

ケース① 屋上の防水と外壁の塗装は行いたいけど、ベランダは大きく庇がでており、状態もまだ悪くないので洗浄だけでよい。

ケース② この建物はあと5年内で新築するので、今は危険回避の為、コンクリートが落ちそうな箇所だけ除去してほしい。

ケース③ 屋上・ベランダの防水、外壁の塗装を行ってせっかくきれいになるので、それに合わせて外塀の塗装や鉄格子の塗装も一緒に行いたい。

など様々なケースがあります。

これも建物の調査や見積もりの段階で業者さんに伝える、業者もお客様に意向を伺いながら、見積もりに反映し工事範囲を示す必要があります。

 

建物の今後や現状を考慮した塗料の選定が行われていますか?

こちらもしっかりと業者と打ち合わせを行う必要があります。

ケース①あと5年内で建て替える予定の建物には多機能な高価な塗料を使用する必要があるのか。

ケース②まだ築7年だけどこれから定期的にメンテナンスを行いながら建物を長く使いたいのに、比較的安価な耐用年数3年~5年の塗料でよいのか。

ケース③建物にひび割れが多いのに固い塗料を使用してよいのか。

など、建物の今後や現状に応じて塗料も選定していく事ができます。

業者の出した見積もりに記載された塗料はどういう塗料でどういう機能があるのか、どれくらいの耐用年数なのかしっかり把握していますか?

 

 

 

サービス内容や保証などの説明があるか?

工事を行うにあたって当たり前のようで当たり前では無い事もあります。例えば、ご近所の皆さまへの工事内容や工事期間、ご迷惑をお掛けする旨を工事を行う側が事前にきちんと伝えるかどうか。

工事期間中の経過報告はどういう風に行うのか?(朝夕の挨拶や報告書などがあるかどうか)

工事にどのような内容の補償が何年ついているのか?建物の点検には来てくれるのか?

などの説明はありましたか?

 

まとめ

塗装や防水工事=塗ればOKといった工事ではありません。やすいからと言っても高額な買い物です。

工事内容を把握してきちんと納得をした上で、安い業者さんを選択する事は問題ありませんが、納得のいかないまま安いからという理由だけで選択すると、2~3年後に痛みが再発し再び工事が必要といった事態にもなり兼ねません。そうなれば、せっかく安いところを選んだのに・・・・という事に。

しっかりと建物の現状を診断してもらい、工事の内容や塗料の選定、サービスの内容等の説明を受けて、時間をかけてでも納得のいく工事内容・業者さんの選定をお勧め致します。

 

最後に・・

外壁塗装・屋上防水・瓦防水塗装・内部塗装・防カビ塗装・遮熱塗装・遮熱防水をお考えのお客様ぜひプロタイムズリビングへご相談下さい!!しつこい営業等はいっさいございません。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)/

 

 


全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!