ブログタイトル

水溜り調整について!

お久しぶりです 
お客様相談課の本田です 。

沖縄は梅雨が明けたというのに、昨日の朝は凄い雨でしたね
道路は大雨で水溜りができていて、足は水浸しになり朝から少しブルーでした。

道に水溜りができるように、家の屋上にも水溜りができるのはご存知ですか?

  

屋上に水溜りができる最大の要因としては、勾配不良により発生するケースがほとんどです。
水が停滞すると、塗膜やコンクリートの劣化を早めてしまいます。

そのため、防水工事の際には水溜り段差調整を行います。

①スラブ面を洗浄し、ブラインダー(電動工具)による表面の突起物処理を行います。

 高圧水洗浄

 突起物処理

②水溜りの原因となるスラブの不陸部は、防水材もしくはセメントにより平坦に調整します。

今回は防水工事の工程の一部を紹介しました。
少しでも、防水工事について知っていただけたら幸いです。

最後までご覧いただきまありがとうございました。


全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!