ブログタイトル

沖縄県で外壁塗装を行う前の 外壁塗装の色選びについて ①

こんにちは!

沖縄の外壁塗装、屋上防水、改修工事専門店のプロタイムズリビングです。

いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。

本日より、外壁塗装を行う前に知っておきたい外壁の色選びについて書いていきたいと思います。

 

いざ、外壁の色選びをするときに、業者さんから渡されるものと言えば・・・

コチラ👇色見本帳です。沢山の色が無彩色、レッド系、イエロー系グリーン系、ブルー系、パープル系と順に並び、1ページ毎では淡い色から濃い色の順に並んでいます。

 

 

色は沢山ありますが、一色を示す範囲は・・・

横5㎝×縦1.5㎝で、こんなに小さいのです!!

こんな小さな色で判断できない!!と思う方も多いのではないでしょうか?

 

色見本帳を参考に色を選ぶ時に覚えておきたい事

色見本帳から色選びを行うときに覚えておきたいのが、

薄い色は👉大きな範囲で見るとより薄く感じる。

濃い色は👉大きな範囲で見るとより鮮やで濃く見える。

という事です。見本帳の小さな範囲で選んだ色を実際に壁面に塗って、足場解体を行ったあと見てみると見本帳で見た時より、より明るく鮮やかに感じます。

 

では実際に見てみます

大きなA4版の塗り板の上に、色見本帳を置きます。

薄い色から下に移動するにつれて濃い色に変化しています。

この見本帳の中に同じ色があるのですが、どの色か分かりますか?

私は上から3番目の色が見本板と同じ色に見えます。皆様はいかがでしょうか?

 

正解は・・・

4番目の色です。

いかがですか?同じ色でも小さな面積では濃く、大きな面積では薄く見えませんか?

 

まとめ

色見本帳で見る色と大きな範囲で見る色とは同じ色でも違って見える事が分かりました。

ですから、建物のように大きな範囲の色を決めるときには色見本帳ですぐに決めるのではなく、カラーシミュレーションや見本板などのサービスを利用してイメージ通りの仕上がりになるようにしたいですね(^^)/

 

それでは今日はこの辺で。


プロタイムズリビングでは随時建物の劣化診断や、お見積りのご依頼をお受けしております。そろそろ屋上の防水が・・・、外壁の塗装が気になる・・・。という方はぜひお気軽にご相談下さい。

建物診断へは2~3名で伺い、建物の寸法を測ったり劣化状況を確認したり致します。複数名でお伺いする為、聞きたい事が沢山ある方でも大丈夫です(^^)/ぜひお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちらから👉お問合せページへ

 

 


全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!