先輩社員インタビュー|外装劣化診断士

山城 守

2011年入社|外装劣化診断士|山城 守

外装劣化診断士として、さまざまな建物の診断を担当。劣化診断のスペシャリスト。社内でも頼られる存在。建築施工管理技士2級の資格取得を目指し、猛勉強中。

Profile
旅行会社の添乗員として勤務。その後、ホテルのフロントおよびマネージャー、保険代理店の営業などを経て、プロタイムズリビングへ。休日はドライブに出かけたり、少年野球を観戦しに行ったりと、子どもと過ごす時間を大切にしている。

プロタイムズリビングへ入社した理由

プロタイムズリビングとの出会いは、とある求人誌でした。『3年目の会社です。いっしょに会社をつくっていきませんか?』というフレーズが目にとまったんです。会社を大きくしていく過程に自分も関与できる、その可能性に魅力を感じたことが入社のきっかけですね。

入社後の感想、また成長を感じた瞬間

入社後の感想、また成長を感じた瞬間

まったくの未経験での入社でしたので、まさにゼロからのスタート。先輩に塗装のイロハから教えてもらい、自分でも勉強をしながら、少しずつ知識を身につけていきました。
大きく成長を感じることができたのは、マンションの診断を任されたとき。個人宅とは比べものにならないぐらいの巨大建造物を目の前に、正直足が震えました。「こんなに大きな建物の塗装面積を正確に測れるのか…、適正な見積りを出せるか…」。弱気になりそうな自分を奮い立たせて、診断をはじめたことを今でも鮮明に覚えています(笑)。結果、診断を経て、契約をいただくことができまして。ほんとうに嬉しかったですね。大きな仕事をまっとうできた、ということが自信につながりました。

”外装劣化診断士”という仕事のやりがい

やはり完工したときですね。建物が生まれ変わった姿を見るのが、なによりも楽しみなんです。これは、業界にいる全員に共通していえることかもしれません。それぐらい感慨深いものがありますね。外装劣化診断士としてのやりがいは、例えば雨漏れとか、カビとか、お客様が困っていることを解決できるところにあると思います。私の診断に、問題が解決できるかどうかの命運が託されているわけですからね。まさに腕のみせどころです。

将来の夢、プロタイムズリビングの未来

入社後の感想、また成長を感じた瞬間

いまは個人宅やマンション、アパートの仕事がメインですが、今後は公共工事などの大きな案件にもチャレンジしていきたいですね。そのためにも、自分自身もそれに対応できるだけの知識を身につけていこうと奮闘しています。実は、いま建築施工管理技士2級の試験を控えているんです。みんなに「受かる」と宣言しているので、絶対に落ちるわけにはいきません(笑)。
私が入社した頃から、会社はずいぶん大きくなりましたが、まだまだ発展途上。これからもより良いサービスを提供し続けることで、会社をどんどん成長させていきたいと思っています!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!