失敗しない!理想の外壁にするための色選びのポイント

外壁の色あせやひび割れなどを見つけ、「見た目も悪いし、塗装リフォームをしなければ」と思っている方も多いのではないでしょうか。塗装リフォームを行なえば、お住まいはぴかぴかの新築同様の姿に生まれ変わるでしょう。せっかくなら、前回と同じ色は変わり映えしないから色を変更したいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし
  • 業者・価格が決定して、いざ、色選び!となった際に、どんな色がいいのか、派手にはしたくないし、外壁と屋根との組み合わせもわからない。

    わからないことだらけで「もう前回と同じような色でいいかな・・・」となってしまう方も少なくないようです。

  • picture
下矢印

色選びならプロタイムズにおまかせ!

全国展開&塗料メーカー直営だからこそできる

納得の色選び!

全国100社以上あるプロタイムズ店舗が培った豊富な色選びのノウハウ!

塗料メーカー直営だから、多くのお客様に選ばれている最新の人気色がわかる!

  • 施工事例1
  • 施工事例2
  • 施工事例3
  • 外壁・屋根の色選びに失敗すると、納得のいかない色で10年間はそのまま。そのため、色選びは塗装にとって成功するか失敗するかの分かれ道ともいえます。

    このページでは、プロタイムズが培ってきた外壁塗装で成功する色選びのためのポイントをご紹介いたします。成功する色選びのノウハウはもちろん、最新の人気色ランキングや施工事例も多数掲載! ぜひご活用ください!

  • picture

3つのポイント

外壁・屋根の色選びで失敗すると10年間そのままか、やり直しの場合は最悪数十万円かかってしまう場合もあります。失敗しないために下記手順を踏んで色選びを行いましょう。

  • どんな色がいいかわからないなら
  • 気になっている色があるなら
  • おしゃれな外観を目材したいなら
  • ポイント①理想とするお住いのイメージを具現化する|具体化に役立つイメージスケール・配色例
  • ポイント②様々な方向からチェック!納得の一色を決める|色選びの際の注意点、人気色ランキング、施工事例集
  • ポイント③知っておきたい単色以外の外壁塗装|ツートン・バイカラー配色例、デザイン塗装など

ポイント① 理想とするお住まいのイメージを具体化する

いきなり色を選ぶのではなく、まずは理想とするお住まいのイメージを言語化しましょう。

実は、塗装の失敗で一番多いのが『イメージと違う』『こんなはずじゃなかった』という、自分の頭の中で描いていた色味との違いです。なぜそのような失敗が起こってしまうのかというと、何が失敗で何が成功か?明確な基準が無いことにあります。何が失敗かの把握ができないのです。

そのため、一度ご家族やご自身で理想とするイメージを言語化し、明確な基準をもっておくことをおすすめします。

近隣と調和させるか目立たせるかを決める

まずは、近隣3 ~ 4軒と一緒にお住まいの写真を撮影し、周囲の住宅の色と同調させるのか、目立たせるのかなどを話し合いましょう。ご家族で自宅周辺を歩いてみて、もしご近所に気に入った色があれば色名をご近所に聞いておくこともオススメ!

立地条件も大きく影響してきます。大通りに面しているのであれば真っ白ではなく、汚れが目立ちにくい少し濃い目の色を選択肢に入れてみることをオススメします。別荘地にある建物と住宅地にある建物、商業地に隣接した建物では、似合う色が異なります。

ご家族やご自身で理想とするイメージを言語化する

方向性が決まったら、次は理想とするお住まいを言語化してより具体的にイメージしていきましょう。言語化しておくと、いざ色選びとなった際に、担当営業さんへ要望を伝えるのもスムーズになります。

建物のイメージスケール

まずは、自分のお住まいがどのようなスタイルなのかチェックしましょう。

なぜなら、理想とするお住まいの雰囲気と建物のイメージが近いほうが、より効果的
だからです。

建物のイメージスケール

言葉のイメージスケール

次に、あなたはどのようなイメージのお住まいに仕上げたいですか?

好きな言葉を5つ選んでみてください。どのタイプに当てはまる言葉が多かったでしょうか。

言葉のイメージスケール

選んだイメージの配色例

言葉のイメージスケールで選んだイメージの配色例を一部ご紹介いたします。

だいたいどんな雰囲気に仕上がるのかイメージする参考にしていただければと思います。

ナチュラル|優しさを好むタイプにおすすめStyle

自然な/親しみやすい/穏やかな/素朴な/あたたかい/さわやかな/のどかな/くつろいだ/すがすがしい/フレッシュな

ウォームStyle

  • 高級感のある檜皮色(ひわだいろ)のような重厚な色も外壁に練色(ねりいろ)を使用することで、自然な暖かさを与えることができます。香色(こういろ)も上品さと共に穏やかなイメージに仕上がります。

  • 8077 8096 + 8097
クラシック|伝統の良さを好むタイプにおすすめStyle

伝統的な/風格のある/格調のある/安定感のある/上質な/重厚な/おちついた/アンティークな/フォーマルな

フォーマルStyle

  • 消炭色(けしずみいろ)は、重厚さを与える色。薄丁字(うすりょうじ)でやわらかさを与えながら、アクセントカラーに栗色(くりいろ)の伝統的で優雅な色を少しだけ加え、個性を出しています。

  • 8079 8084 + 8076
モダン|斬新さを好むタイプにおすすめStyle

革新的な/都会的な/人工的な/理知的な/ はっきりした/ シンプルな/ スマートな/ シャープな/ メカニックな

シンプルStyle

  • ペリウィンクブルーの青が少し入った爽やかな白にラピスラズリの個性的な屋根色でシンプルに仕上がります。クールグレイが都会的な上品さを感じさせます。

  • 8079 8084 + 8076

いかがでしたか?

家の形状などにより合う色、合わない色は出てきますが、この3パターンだけでも色を変えるだけで見た目の印象がガラリと変わることがお分かりいただけたでしょうか。

イメージを具体的にできたら、塗料メーカーが作成している色見本などを見て、実際に塗られる色を選んでいきます。

次のページでは、そんな色選びの際に役立つ、注意事項や最新の人気色などをご紹介いたします。

ポイント②|様々な方向からチェック!納得の一色を決める

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!