ブログタイトル

8月25日 昨日の塗装・防水工事現場進捗状況と本日の建物劣化診断【プロタイムズ沖縄中部北店】

こんにちは!

沖縄の防水塗装専門店のプロタイムズ沖縄中部北店です。

本日は午前・午後ともにお客様のお宅へ建物劣化診断に伺いました。

午前中は築65年が経過したセメント瓦の住宅です。セメント瓦自体はしっかりしておりましたが、室内の点検口から内部を確認すると梁にシロアリが・・・

この状態で瓦の防水塗装だけを行っても内部で腐食が進んでしまいます。瓦屋根の防水塗装を行う場合や、既に雨漏りが発生している建物、天井に雨染みなどがある建物や築年数がかなり経過している建物などは、診断時に外部だけを確認するのではなく天井内部の点検まで行ってから工事を行う事をお勧め致します。

 

続きまして、午後の診断はアパートです。

既存塗膜の劣化・チョーキング(粉末化)。

外壁には亀の甲状の細かなひび割れとモルタル左官浮き。

軒天井にもひび割れの発生。

階段壁下部に爆裂の発生。こちらは鉄筋を覆うコンクリートの厚みが目地部分でかなり不足していた為に雨水が浸入し鉄筋の錆が広がり膨張、コンクリートを割ってしまっています。

お客様もこんな目に着くような場所なのに気が付かなかったとびっくりされておりました。

普段なにげなく生活している中では、なかなか気が付きませんが建物も少しずつ劣化していきますので、私達人間と同じように定期的な健康診断が必要です。

 

それでは、昨日の写真にはなりますが現場の進捗状況をご紹介いたします。

まずうるま市の外壁塗装現場です。増築部のタイル吹付を行いました。

拡大した写真がこちら👇

凸凹の模様がついています。タイル吹きを終えて本日は中塗り作業を行っております。

 

続きまして、同じくうるま市の外壁塗装現場です。外壁や勾配屋根部分の中塗り作業を行っております。

続きまして読谷村の外壁塗装・屋上防水工事現場です。

防水1層目のコテ塗り作業を終えました。

本日2層目を行っております。

 

それでは今日はこの辺で。

前回のブログはこちら👉8月23日 塗装・防水工事現場進捗状況【プロタイムズ沖縄中部北店】


プロタイムズリビングでは随時建物の劣化診断や、お見積りのご依頼をお受けしております。そろそろ屋上の防水が・・・、外壁の塗装が気になる・・・。という方はぜひお気軽にご相談下さい。

建物診断へは2~3名で伺い、建物の寸法を測ったり劣化状況を確認したり致します。複数名でお伺いする為、聞きたい事が沢山ある方でも大丈夫です(^^)/ぜひお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちらから👉お問合せページへ

 

 

8月18日 塗装・防水工事現場進捗状況【プロタイムズ沖縄中部北店】

こんにちは!

プロタイムズ沖縄中部北店です。

今日は3年前に建物の劣化診断とお見積りをさせて頂いたお客様からのご依頼で平得店長と診断士の山城さんが再診断へ伺いました。

3年前に診断したのに見る必要あるの!?と思う方もいらっしゃると思います。

建物の面積は増築を行わない限り増えませんが、建物の劣化状態が3年前と同じという訳ではありません。

3年の間にひび割れが増えてしまったり、以前はなかったコンクリート内部鉄筋の錆腐食による爆裂が発生してしまう事もあります。

実際に、本日お伺いしたお宅ではコンクリート内部の鉄筋腐食による爆裂が増えておりました。

たった3年で!?と思うかもしれませんが、建物も日々紫外線や雨、排気ガスなど過酷な環境に晒されているのです。

本日再診断へお伺いしたお客様には改めて状況説明をさせて頂きます(^^)/

 

それでは、本日の現場状況写真をご紹介いたします。

まず初めに読谷村の外壁塗装・屋上防水現場です。

タンク架台足元に水たまりが発生しておりました。

本日はその部分の不陸調整を行いました。

また、外壁面では塗装を行う前のビニール養生作業が行われております。

ペンキの色も既に決まっており、順調に作業が進んでおります。

 

続きまして、うるま市の外壁塗装現場です。

昨日勾配屋根補修部や縁部分の捨て塗り作業を行いました。

本日は軒部分の捨て塗りを行っております。

なぜかと言いますと、通常は中塗り・上塗りをしっかり行えば、規定の塗布量を満たしますが、新たな色が既存色より薄いと染まらない可能性があります。

一旦白い色で捨て塗りし、新たな色を塗り重ねていきます。

それでは今日はこの辺で(^^)/

 

前回のブログはこちら👉8月17日 塗装・防水工事現場進捗状況【プロタイムズ沖縄中部北店】


プロタイムズリビングでは随時建物の劣化診断や、お見積りのご依頼をお受けしております。そろそろ屋上の防水が・・・、外壁の塗装が気になる・・・。という方はぜひお気軽にご相談下さい。

建物診断へは2~3名で伺い、建物の寸法を測ったり劣化状況を確認したり致します。複数名でお伺いする為、聞きたい事が沢山ある方でも大丈夫です(^^)/ぜひお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちらから👉お問合せページへ

 

8月16日 塗装・防水工事現場進捗状況【プロタイムズ沖縄中部北店】

こんにちは!

沖縄の防水塗装専門店のプロタイムズ沖縄中部北店です。

今日は建物劣化診断へ行ってきました。

既存塗膜の状態は・・・

チョーキング現象が発生しております。こうなると湿気を抱きやすく、建物を保護する機能も徐々に低下しております。

 

続きまして、こちらは出窓の上の部分です。普段はあまり見る事がなく、さらに下からは見えにくい場所です。

梁から外壁、外壁から出窓にかけて縦状のひび割れが発生しています。

出窓上の平場にもひび割れがあります。あまり確認する事のない場所ですが、台風のような暴風雨の際には雨漏りに至る可能性のある痛みです。

続いて大壁です。写真でもわかるように、遠目だと大きなひび割れには見えませんが・・・

近づいてみるとひび割れの口は0.6mmも開いています。

続いて手摺り壁です。

一見、ただ汚れが付着しているだけのように見えますが、よく見ると塗膜下の硬質タイル(凸凹模様)が劣化し剥離し始めております。

普段外側から見てまだうちの家は大丈夫!!と思っていても、しっかり見ていくとこのような痛みが発生している場合があります。

ですから、家を建てて10年が経過したらまず一度専門業者に建物の状態を見てもらい、防水や塗装を行うにはいくらくらいかかるのか見積りを依頼し把握してメンテナンス計画をしっかりたてていく事をお勧め致します。

 

それでは、本日の現場状況のご紹介です。

昨日より始まりました読谷村の外壁塗装、屋上防水現場です。

本日は高圧水洗浄が行われました。

業務用の洗浄機で汚れを洗い飛ばしていきます。

綺麗に洗浄を終えると、明日からひび割れなどの補修に取り掛かっていきます。

 

それでは今日もこの辺で(^^)/

前回のブログはこちら👉8月15日 塗装・防水工事現場進捗状況【プロタイムズ沖縄中部北店】

 


プロタイムズリビングでは随時建物の劣化診断や、お見積りのご依頼をお受けしております。そろそろ屋上の防水が・・・、外壁の塗装が気になる・・・。という方はぜひお気軽にご相談下さい。

建物診断へは2~3名で伺い、建物の寸法を測ったり劣化状況を確認したり致します。複数名でお伺いする為、聞きたい事が沢山ある方でも大丈夫です(^^)/ぜひお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちらから👉お問合せページへ

1 / 5123...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!