ブログタイトル

沖縄ではアルミサッシも錆びる!?

こんにちは。

プロタイムズ沖縄中部北店の渡慶次です。

今日は建物の診断時に、たまに見かける建物の壁や屋根以外の

劣化について書いていきます。

 

沖縄ではアルミサッシも錆びる!?

はい。錆びます。

建物の診断を行っていると、たまに見かけるのがアルミサッシ枠や

格子、網戸廻りのアルミ枠の錆です。

私が八重山店に所属している時はこれらの痛みが

よく見られましたので、住宅地と海までの距離が近い地域に

お住まいの皆さまは見覚えがあるのではないでしょうか。

 

CIMG7016

CIMG7018

IMG_2743

上の写真のようにアルミサッシ廻りでは白錆の発生がよく

見られますが、その錆の影響でサッシを固定したあとに施される

モルタル左官材が剥離してしまう原因になってしまう事も

あります。

 

アルミサッシはなぜ錆びてしまうのか?

原因はいくつかありますが、多いのは異種金属との接触

(鉄粉なども含む)による腐食やお掃除に使用する洗剤や

薬品による腐食、そして塩害やホコリの蓄積などによる腐食です。

 

アルミの錆を防ぐ方法。

◎アルミサッシや格子回りに使用している・接触している異種材料

の錆腐食を放置しない。

◎アルミは酸や強アルカリに弱い為、洗浄する際は水洗いが

オススメ。

◎洗剤を使用する場合は中性の物を選ぶ。

◎水で洗った後は綺麗にふき取る。(結露なども)

◎金属製のたわしなどでこすらない。傷がつき錆の原因となります。

沖縄は夏場は台風がやってきます。

軒下でなかなか雨水もかからないし大丈夫!!

ではありません。常に飛来塩分も飛んでいる状態なので定期的に

お手入れを行いましょう。

 

souji_baketsu

 

まとめ

建物の屋根や壁、梁や柱もそうですが、それ以外のアルミサッシ

廻りや鉄部、設備関係も築年数の経過とともに劣化していきます。

劣化を遅らせる為には定期的な点検とお手入れ・メンテナンスが

必須です。

まずはご自分で定期チェックを行い、8年~10年に一度は

プロと一緒に建物の健康診断を行いましょう。

 

建物の劣化診断の必要性について気になるかたはコチラ。

 

工事を検討する前に、塗装についてもっと詳しく知りたい!という方へ、無料の塗替えセミナーを開催しています! 

 

外壁塗装屋上防水瓦防水塗装内部塗装防カビ塗装

遮熱塗装遮熱防水をお考えのお客様ぜひプロタイムズリビングへ

ご相談下さい!!しつこい営業等はいっさいございません。

お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)/

 

 


全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!