ブログタイトル

マンダラチャ-トで目標設定!!

皆さんこんにちは!                     診断士の山城です。

早いもので2019年もスタ-トして一か月が経とうとしておりますが如何お過ごしでしょうか?                 沖縄はここにきてようやく冬らしい寒さが到来していますが体調面など十分にお気をつけて頂ければと思います。

さて新年をスタ-トするにあたり弊社ではマンダラチャ-トなるもので各自が一年間の目標を設定し日々精進していくという新たな取り組みがなされました。                    このマンダラチャ-トは「健康」「仕事」「経済」「家庭」「社会」「人格」「学習」「余暇」等、各ジャンルで目標を掲げ毎日見る事で意識付けし思いと行動を合致させていく取組ですが、多くのスポ-ツ選手もマンダラを活用している様で、メジャ-リ-グで活躍中の大谷選手もその一人で幼少期から取り組んでいたというから驚きです!

と言う事で、年間の目標設定をこんなにも多く掲げ細分化したのは私にとっては初めての事ですが、やって出来ない事は何一つないと思いますし、「出来るか?出来ないか?」ではなく「やるか!やらないか!」自分自身の強い思いと決意なので、であればやるのみですね!!                                  すべては考え方で行動は必然的に変化しますので失敗を恐れずに歩み続け、来る12月末日には皆様に吉報が届けられる様にします。

進化半ばではありますが、本年もこんな私をどうぞ宜しくお願い致します。

 

おかげさまで!!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

診断課の山城です。

平成30年も早いもので残す所、10日余りとなりました。    弊社は27日が御用納めとなりますので、診断課である私のスケジュールも26日ギリギリまで建物調査が予定されております。

少し早いですが診断課として今年を振り返ってみましたが、昨年の動きとは劇的に変化し大変充実した内容でありました。

何といってもまず1番に揚げたいのはグル-プ会社沖縄事務所との技術向上を目的とした勉強会がとにもかくにもスタートしたことです。                            これは私が個人的にも切望してやまなかった企画ですが今回グル-プ会社の方から『是非一緒にがんばりましょう』との有難いお声掛けで実現したものです!!

5月21日の第1回目を皮切りに皆多忙な中でも毎月1回のペースで必ず実施しました。                      この勉強会は私たちが専門としている塗装・防水のみならず、様々な設備の特殊性を学び総合的なリフォーム提案に活かす為の知識習得の場であり活発な意見交換を行います。          又、業界の最新情報や全国ネットの組織力を活かし本土での施工事例や最新工法などを共有する場で、気づき・学びのオンパレードと言ったところでしょう!!

沖縄にいながらこれだけの情報習得は他では中々ないのでは!

次に大きな変革と感じたのは、アパート・マンション(1オーナー)に特化した市民講座塗替えセミナーが遂に開催された事です。

こちらもグループ会社の業界歴20年余りの敏腕技術者に講師をお願しスタートしました。

知識・経験を踏まえわかりやすくお伝えする内容は大変好評で調査依頼が殺到し日程調整が大変な程でした。           建物調査には私も同行させて頂きましたが調査中は講師への質問攻めで時間が足りない程に有意義でした。

アパマン現地調査の詳細は次回じっくりお伝えします(^^

大きくはこの2点が変革と感じ来年への足掛けとなった事は間違いないでしょう。

来年も一技術者として学びを止めず『進化・創造』を念頭に奮起します!!

最後までありがとうございました。

台風一過!!

皆さんこんにちわ。                     いつもブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

診断課の山城です。

先週の台風24号(チャーミー)は猛烈台風で県内はもとより    日本列島を縦断するルートで各地に甚大な被害が発生しました。      私の自宅はアパートですが台風直撃日の昼過ぎには停電し、   その3時間後には断水となり長時間この状態が続きました。   懐中電灯もなく飲食料を買い備えてなく、ないないずくしの為、 食料調達の為、嵐の中コンビニへと恐怖と闘いながら向かうなど  心身共に大変疲れました。

ライフラインを断たれると現代人は無力ですね!         事が起こる前に行動し備える重要性を強く感じました。

そして、台風が去った翌日というと雨漏れやトタン屋根の破損などの調査依頼の電話でリフォーム会社はどこも忙しくなります。

一昨日(月曜日)に私も関わっている物件の漏水調査で北部へお邪魔しました。                                 本物件は教育施設の金属屋根より何ヶ所もの漏水が発生している事から原因の特定が非常に難しいものでした。

金属屋根(正確にはガルバニウム)の場合、鉄骨の上に野地板(木毛セメント)を敷き、その上に防水シート(ルーフィング)を敷合わせ後、金属屋根材を下部から上部へとビスで固定し仕上げる工法と想像できますが、漏水の原因としてビスでの固定による防水材の破断・屋根材の突き合わせの問題・その他原因と思われる事を集約しグループ会社の強力な有識者を交え対策を検討しました。

これにより対処法が決定しました!

今回の金属屋根もそうですが、他にも瓦屋根・鉄骨造などは    漏水している直近部が原因とは限りません。          離れた所から(水が)侵入し骨組みを伝って別の所から漏水したり、見落としていた細かな亀裂・穴からの漏水など前例は多岐にわたります。

学びとして漏水は先入観を捨て、全てを疑う!!自論ですが!!

又、台風25号が向かっています。                24号の教訓を活かし被害が無い事を切に願います。

最後までありがとうございました。

 

1 / 4123...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!