ブログタイトル

雨が降ると気になる雨漏りの原因と修理方法~兵庫県川西市の外壁・屋根塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

春が終わると待っているのは梅雨。

梅雨の時期が終われば待っているのは太陽が輝く夏。

しかし、梅雨の時期だけではなく、夏にはゲリラ豪雨という信じられない雨量の雨が降り注ぎます。そんな時、自分の家はちゃんと雨から守れているのか心配になりませんか?

「雨漏り」と聞くと頭上からポタポタと落ちてくるイメージがあります。ですので、多くのみなさんは侵入口は屋根からだと思ってしまいます。

しかし、実は雨漏りの原因は屋根だけではありません。雨漏りの原因となる侵入口は屋根以外にも様々あり、頭上からポタポタと落ちて来るぐらいまでになると、水の浸食が家全体に進んでいる場合もあります。

そうならない為にも、早めの修理や「これぐらいなら・・・」と放置せず、専門家にすぐ診てもらう事がポイントになってきます。

この記事では、雨漏りが起こると建物がどうなるのかや雨漏りに関する修理方法、業者の選び方などをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

1.雨漏りの原因について

image001-214x214

1-1 雨漏りの原因となる侵入口は様々ある

天井からポタポタと落ちてくる雨漏りの原因は、屋根だけではありません。

もちろん屋根のひび割れ・ズレなどから雨水が侵入してくることもありますが、外壁のひび割れやシーリング劣化(防水処理が割れる)から浸入してくることもあります。ベランダやサッシ等の防水処理の老朽化やそもそも防水処理が不十分だったなどが原因で雨漏りに繋がるケースもあります。

このように様々な侵入口から雨水が建物内部に浸入し、壁や梁・柱などを経由して、家の中に染みができたり、天井からポタポタ落ちてきたりしてしまうのです。

1-2 築浅なのに雨漏り?!

家を建ててから約10年目ぐらいになると、屋根や壁などの塗り替え時期だと言われています。10年も経てば、屋根や外壁や細かい所も含め、老朽化が目立って来ます。しかし、まだ家を建ててから数年しか経っていない築浅なのに「雨漏りが気になる」といった場合があります。

<築浅で考えられる原因>

不十分な防水処理

建築構造がそもそも甘かったという場合もありますが、窓や換気口などの開口部の防水処理が十分ではない可能性があったりします。

西日による影響

西日による家の影響はかなりあります。西日はキツイ為、外壁の塗装が変色したり、防水処理やシーリング等を早く痛めてしまう可能性があります。

2.雨漏りを放っておくのは危険!

2-1 雨漏りの危険性

82faaeb5e7288b0ae1278e688148e54a-400x300

残念ながら、雨漏りが発生する前に見つけるのは難しく、家の中に雨水が落ちて来た、壁にシミができた、壁紙(クロス)が剥がれたなどの症状が出てはじめて雨漏りに気付くことがほとんどです。

しかし、そのような症状が出てきたときにはすでに躯体内がかなりヒドイ状態になってしまっています。なぜなら、侵入した雨水がジワジワと浸み込み、吸収しきれなくなった水分が家の中に症状として出てくるからです。

雨漏りをそのままにしておくと以下のような問題を引き起こしてしまいます。

木が腐ってしまったり、湿気を好むシロアリ発生の原因にもなる

耐震など家全体の強度や性能が損なわれてしまう

最悪の場合倒壊の危険性も出てきますので、雨漏りに気づいたら、すぐに専門の方に診てもらいましょう。

2-2 業者選びのポイント

お客様に、できる限り少ない負担で質のいい工事を提供しようとする「いい業者」もいれば、完成直後は不備に気づきにくいからといい加減な工事をする「悪い業者」もたくさんいます。ぜひこの見分けチェック表を利用してみてください。

image0021-1024x636

業者の見分け方についてより詳しく知りたい方はこちらの記事

3.雨漏りの修理方法

雨漏りの原因を調査するのはプロでも難しいため、慣れない方がやみくもに修理をしても雨漏りが止まる可能性は低いです。水の通り道がかわり、余計にひどくなる場合も考えられます。

あくまでプロの方に依頼し、来てもらうまでの間の応急処置方法だと考えて処置していただくと良いと思われます。

〈室内の処置〉

バケツをおいて天井からの水を受ける

バケツ等を受け皿にして床が濡れないようにして下さい。

落ちてきた水滴が受け皿の外に飛び散るのを防ぎたい方は、バケツのそこに雑巾を敷いたり、天井から受け皿の中に紐を垂らし、紐をつたって水が受け皿に落ちる様にすると良いでしょう。

防水テープで水の浸入口をふさぐ

室内で濡れている部分を防水テープで防ぎ、そこで室内に入ってくる水の侵入を食い止めるといった形の処置方法です。

防水テープはホームセンターで購入することができます。

〈屋外の処置〉

※屋根など高所での作業は非常に危険です。雨が降っている最中や少しでも不安な方、高いところが苦手な方はやめておきましょう。

コーキング材で侵入口をふさぐ

コーキング材とは壁や屋根材の隙間を埋めるものです。ホームセンター等で購入可能です。

雨漏りの侵入場所を特定出来ているのなら、コーキング材を注入して埋める応急処置方法をしてみるのも良いでしょう。

屋根にビニールシートをかぶせる

雨漏りの侵入場所が屋根からの場合は、屋根の上にビニールシートを被せるのもいいでしょう。土嚢を重りにして飛ばされないようにします。

屋根にのぼるのは大変危険ですので、屋根の場合は出来る限りプロの方に依頼するのをお勧めします。屋根の知識がない状態で登ってしまうと、屋根を痛めてしまうこともあります。

4.まとめ

雨漏りの原因となる問題点は様々な箇所から訪れます。

雨漏りしている近くから雨水が浸食しているとも限りません。

思いもよらない所から雨水がつたって雨漏りしている可能性もあります。

家の中で目に見えるカビの発見や匂い、家のきしみや床のきしみだったり、どこかから聞こえる雨垂れのポタポタという音など「気になるな?」と少しでも思ったら専門家にすぐ診てもらいましょう。

より良い状態で、より丈夫に、長く快適な家を保つ為にも、この記事を少しでも参考にしていただければ幸いです。

気になることやもっとこういうことを知りたいなどありましたら、コチラまでお気軽にご相談ください!

劣化症状別!ベランダの補修方法~兵庫県川西市の外壁塗装

新築後数年が経ち、ベランダの様々なところに汚れやひび割れなどが発生していませんか。そろそろメンテナンスをしないといけないかなとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

ベランダは雨風に晒されることが多く劣化しやすい箇所でもあります。ベランダの劣化を放置しておくと、雨漏りの原因になり、建物内部を腐食してしまいますので早めのメンテナンスが重要になってきます。

この記事ではベランダに起こる劣化症状とその補修方法をご紹介いたします。ベランダの劣化が気になる、メンテナンスをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

劣化症状別!ベランダの補修方法

1.ベランダで起こる様々な劣化症状

塗装のひび割れ

3259895b5c6e40f13b76a4bb4dc55fb4-400x299

ベランダの場合、「壁」に発生しているひび割れと「床」に発生しているひび割れの2つに大別されます。「壁」のひび割れの場合は、「外壁塗装による塗料の膜(塗膜)」が、「床」のひび割れの場合は「防水層」がひび割れていることになります。

塗装の膨れ、剥がれ

38e3b5ff1c82417c5a46ca35ef7ef3c4-400x225

こちらもまた、「壁」に発生しているのか、「床」に発生しているのか確認する必要があります。ひび割れなどから雨水が浸入し、日に晒されることによって塗膜の内側から水蒸気が発生し、塗膜を膨れ上がらせ、それが悪化すると剥がれてしまいます。

特に「床」に膨れや剥がれが発生している場合は、建物の中に水が浸入してしまっている可能性がかなり高く、雨漏りにも繋がりますので早めに補修工事を行ないましょう。

ベランダ内の水たまり

DSC05389-thumb-160xauto-74

そもそもベランダの床は排水口へ水が流れるよう緩やかな勾配がついています。水たまりがあるということは、その勾配がない、もしくは汚れによって排水口がせき止められている可能性があります。

水たまりのところにひび割れなど水の侵入経路となる劣化があると、かなり危険です。早めに補修工事を行ないましょう。

また、今は劣化症状が見られなくとも、水たまりがあることで防水層の劣化が促進され将来的に雨漏りに繋がるため、水たまりが見られた時点で補修を検討してみましょう。

ベランダ下の雨染み、雨漏り

IMG_0283-292x400

ベランダの下を見ることができる場合には、その部分に雨染みがないか確認しましょう。ベランダ内の劣化が長く放置され悪化している場合には蒸気のような雨染みが発生します。

雨染みが発生している=雨漏りをおこしているということですので、早急に補修工事を行なってください。

2.ベランダの補修方法は塗装工事と防水工事

劣化症状に合わせた適切なメンテナンスが必要になってきます。ベランダ工事においては、外壁や笠木などの補修・塗装工事と床の防水工事の2種類があります。

一番大事なのは家の中への水の浸入を防ぐこと!

ベランダは特に建物の外に張り出したスペースであるため、雨水が直接外壁にあたったり、ベランダ内に雨が傾斜の少ない床へ降り込んだりします。その水がベランダ内部に浸入しない状態をいかに長く保てるかがポイントとなります。

ベランダ外壁の補修・塗装工事

ベランダの外壁部分は、外壁と内壁に分けられます。

ベランダの壁を構成している素材は、その他の外壁部分と全く同じ仕様・塗装の仕上げであることがほとんどです。壁部分のみだけに限れば、工事方法は外壁塗装と全く同じ工程を踏みます。下地処理でひび割れ等を補修し、下塗り、中塗り、上塗りと塗料を塗り重ねていきます。

また笠木や窓まわりのサッシ等に隙間ができないよう、シーリング材を使って水の侵入経路を塞ぎます。

ベランダ床の防水工事

ベランダでよく使用される防水工事として、「ウレタン塗膜防水工法」と「FRP防水工法」の2種類があります。

防水工事には「シート防水」や「アスファルト防水工法」などもありますが、それらは屋上などの広い面積の場所でよく使われる工法となるため、ベランダではあまり使用されません。

・ウレタン塗膜防水工法

施工が比較的簡単な工法で、最も主流といえる工法です。液体状の材料を使って、現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でもつなぎ目のない完全な防水層を形成することができます。

下地の上に直接ウレタン防水塗料を塗っていく「密着工法」と湿気が溜まりづらく膨れが発生しにくい「通気緩衝工法」があります。小さなひび割れなど目立った劣化がない場合は安価で日数もさほどかからない密着工法がおすすめです。雨漏りが発生している場合は通気緩衝工法がいいでしょう。

・FRP防水工法

防水用ポリエステル樹脂と防水用ガラスマットで作られた防水層を形成し、ベランダの床面に水を侵入させないようにする工法です。FRPとは、繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略です。

ウレタン防水と比較すると、高度が非常に高く、「重歩行性:車が乗り入れられる強度」があります。(※ウレタン防水は「軽歩行性:人間が少し歩くくらいの強度」)

非常に燃えやすい溶剤塗料を使用するため、周辺で火気は厳禁です。タバコももちろんだめです。

3.劣化症状と対処法

一番重要なのは家の中への水の浸入を防ぐこと。ベランダ下部に雨染みがある、ひび割れがある、防水層破れているなどは一度専門の業者に確認してもらいましょう。その他の劣化症状の緊急性と対処方は下記のとおりです。

ベランダ壁

ベランダ壁の症状 緊急性 対処法 自分で対処できるか?
塗装のひび割れ ひび割れ補修
塗装のふくれ、はがれ 塗装を剥いで再塗装
サッシ、水切りに隙間 隙間をコーキング等で埋める
笠木部分の隙間 隙間をコーキング等で埋める

ベランダ床

ベランダ床の症状 緊急性 対処法 自分で対処できるか?
防水面のひび割れ 軽微ならひび割れ補修
防水層のふくれ、はがれ 既存防水層を剥いで防水工事
ベランダ下の雨染み 下地から改修
土間の取り合いの切れ 軽微ならひび割れ補修
ベランダ内の水たまり 勾配不良を直す
排水溝の詰まり ゴミ等が原因なら掃除する

 

いかがだったでしょうか。

ポイントは以下の4点になります。

  • ベランダは劣化症状が出た箇所が「壁」か「床」かで原因と補修方法が異なる
  • 水たまりや雨染みが発生したら業者に依頼して補修したほうがいい
  • ベランダ壁の補修工事は外壁塗装工事の工程と同じ
  • ベランダ床の補修は防水工事になります。よく用いられるのは「ウレタン塗膜防水工法」と「FRP防水工法」

次回は、「外壁の汚れが招く悪影響と講じるべき対策」についてご紹介いたします。お楽しみに!

気になることやもっとこういうことを知りたいなどありましたら、コチラまでお気軽にご相談ください!

外壁の汚れを放置していませんか?悪影響と対策~兵庫県川西市の外壁工事

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

外壁の汚れは、美観が損なわれるだけという認識が多くの方に根付いています。そのため、外壁が汚れていても、あまり緊急性や除去の重要性を感じられないというのが現状です。

しかし、外壁が汚れているということは外壁に塗られている塗料が劣化し始めている証拠で、それは外観の美しさを損なうだけではなく、家に使われている材料の機能を低下させたり、劣化を促進させたりする原因にもなります。

この記事では、汚れが家に及ぼす影響と汚れの種類、そして講じるべき対策をご紹介いたします。ぜひ外壁の汚れが気になる方は、参考にしてみてください。

外壁の汚れを放置していませんか?悪影響と対策

1.汚れを放置することは家にとって悪影響!

外壁には必ず塗装が施されています。その目的には、家の”美観”を維持すること、建物の躯体を外的な刺激から”保護”すること、そして外壁材に”機能”を持たせることの3つがあります。

つまり外壁の汚れが目立ってきたということは、塗装の効果が薄れ、この3つの目的が果たせなくなりつつあるということになります。

美観の低下

image0092-300x225

美観を維持、向上させるために塗装が施されているのですが、長い期間風雨に晒されると耐久性の高い素材を使用していたとしても汚れの付着は避けられません。雨がたれた跡、藻・コケ・カビ・サビ、変色など様々な汚れがあります。

外壁が汚れていると、お家の高級感や清潔感がなくなってしまいます。

保護する能力の低下

塗料を塗り、塗料の膜(塗膜)を外壁表面上に形成することで外壁材そのものを雨水や紫外線から保護しています。

つまり、塗装が劣化し汚れが目立つようになってくると、直接雨水や紫外線を受けることになり外壁材そのものの劣化が早まります。最悪の場合建物内部にまで雨水が浸入し、雨漏りなどを引き起こしてしまいます。

塗料の機能低下

現在、塗料のバリエーションが増え、中には塗料自体が防水、遮熱などの機能を持ったものも登場しています。なかでも、断熱・遮熱塗料は照射された熱を跳ね返す機能があり、省エネへの関心が高いいま、多くの注目を集めています。

しかし、遮熱機能を持った塗料が汚れて真っ黒であったり、コケや藻などが発生している場合、汚れの分だけ機能性が低下してしまいます。黒い方が太陽の熱を集めやすく、その分塗料の膜が劣化しやすくなるからです。

2.汚れは家のヘルプサイン

汚れは、外壁が劣化し始めたというサインとも言えます。外壁の劣化段階と発生する症状を表にまとめてみました。

▶第一段階から第二段階(約3~7年)

choking-300x225

発生する症状:つや落ち、チョーキング、変色、藻、カビ、コケ

塗膜が劣化し始めた壁を触ると白い粉が手につきます。これは”チョーキング”と呼ばれる現象です。この現象が起こっている時点で、外壁表面の防水機能が低下しており、反対に保水性を持つことになります。その保水性が、藻やカビ、大気や雨に混ざった汚染物質を付着しやすくさせます。

すぐ塗り替えた方がいいというわけではありませんが、カビやコケなどは放っておくとどんどん繁殖していくため要注意です。大きな劣化に繋がる前に、早めのメンテナンスを行なうといいでしょう。

▶第二段階から第三・四段階(8~15年、15年以上)

38e3b5ff1c82417c5a46ca35ef7ef3c4-400x225

発生する症状:ひび割れ、剥離、膨れ、欠落・欠損

ひび割れを放置しておくと、ひび割れから建物内部へ雨水などを侵入させてしまうことになります。その他にも、小さなひび割れを経由して水分を含んだ外壁がさらに日にさらされ、含まれていた水分が蒸発しようとしたとき、塗膜を押し上げ膨れを発生させます。膨れがどんどん広がっていけばいずれは剥がれ落ちてしまい、さらに外壁そのものを晒してしまうことになり悪循環です。

この状況になってしまうと、早急に補修工事を行なう必要があります。かなり大きな補修工事が必要になり、手間も費用もかかってしまうため、出来る限り早めのメンテナンスをおすすめいたします。

3.汚れの種類と発生場所

汚れの発生度合いやスピード、種類はお家の立地条件や構造上の違いによって異なります。

雨が当たらない場所

写真 2015-10-16 7 39 28

ホコリ、排気ガスなどのススがつきやすい。風が吹き込みやすく、汚れが雨で流れないため。

陽が当たらない、湿気が多い場所

kabi

北向きの壁など陽が当たらない場所は湿気で菌が繁殖しやすいため、カビ、コケ、藻がよく発生する。

排気口付近CIMG6121

 

排気口から出るススや油が付着する。

雨水が触れる場所

CIMG2316 (圧縮 Copy) (3)

ホコリや汚染物質が雨水によって流され、雨だれが付着しやすい。

4.塗装か洗浄か判断基準は、「洗って除去できるかどうか」

汚れが付着してからある程度時間が経ってしまうと、高圧洗浄機でも取り除くことが不可能になってきます。その場合は、再塗装を検討する必要があります。

洗浄で済むのか、再塗装か。自分でできる判断方法の1つとしては、試験的に「洗ってみる」ことです。

外壁の汚れを落とす3つの方法をご紹介いたします。

●水で洗い流すホース

外壁の汚れがある部分にホースで水をかけます。それでも取れないひどい箇所は、柔らかいスポンジに水を含ませて優しく外壁をこすりましょう。

※こすり過ぎない。

※水の飛散に注意する

●高圧洗浄で落とす高圧洗浄

高圧洗浄機を用いて、強い水の力で汚れを弾き飛ばします。汚れの種類に関わらず、きれいに落とすことができます。

※水の勢いが強いため、外壁塗装を痛めてしまう可能性があります。同じ場所に集中して当てないようにしましょう。

●洗剤で落とす

洗剤

高圧洗浄でも落とせない汚れは、洗剤をお湯に溶かして霧吹きなどで吹き付け、スポンジで叩くようにしながら汚れを落とします。

※洗剤がついたままだと、外壁塗装が傷ついたり変異したりしてしまうため、水でしっかりと洗い流すことが重要です。

 

いかがだったでしょうか。

下記3点がこの記事のポイントになります。

  • 汚れを放置しておくと、美観を損ねるだけではなく、外壁材の保護能力の低下、塗料の機能低下などを引き起こし、最終的には雨漏りなど建物そのものに大きな影響を与える
  • 汚れは外壁が劣化し始めたサインでもある
  • 業者に依頼して再塗装か自分で洗浄かの判断基準は洗って除去できるかどうか

劣化が初期段階であればあるほど、補修工事も簡単で費用もやすくなるため、定期的に目視でチェックするといいでしょう。

気になることやもっとこういうことを知りたいなどありましたら、コチラまでお気軽にご相談ください!

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!