ブログタイトル

塗料の種類と特徴から知る外壁塗装~兵庫県川西市 外壁塗装~

外壁塗装をする際、「安い塗料でも良いから塗り替えたい」「環境に良い塗料を選びたい」など、

お客様によってはニーズが様々です。

業者側から提案される塗料が、果たして自分のニーズにあっているのか。

自分が納得出来る塗料で外壁塗装をしたいですよね。

塗料の種類と特徴を少しでも知っていれば、ご自宅にあう外壁塗装

が出来るのではないでしょうか。

 

 

1.塗料ってどんな種類があるの?

Fotolia_3818710_M-304x214

外壁に塗る色が何十・何百色もあるので、塗料の種類もたくさんあるかと思ってしまいます。

用途に合わせてそれぞれ考えると多く感じるかもしれませんが、塗料は種類として分けるとそんなに多くはありません。

では、どういった種類があるのか、価格が安い順から簡単にご紹介していきます。

 

①アクリル系塗料

短期間で塗り替えたい場合に多い。価格は安いが

耐久性が低い。

②ウレタン樹脂系塗料

木部・雨樋など細部に塗る事が多く、価格も比較的

安い。

③シリコン樹脂系塗料

一般的な住宅に一番塗られている。防汚性能が高く

価格もそこまで高くはない。

④ラジカル制御塗料

シリコンより耐久性があると言われている新しい

塗料。価格はシリコンより少し高め。

⑤フッ素系塗料

ビル・マンションで使用されている事が多く、

耐久性も高いが価格も高い。

⑤遮熱塗料

太陽の熱を反射し建物の表面温度を下げる効果がある。

耐久年数が長く価格も高いが、省エネにも繋がる。

⑥光触媒塗料

耐久年数が高く汚れも付きにくい為、長く美観を保つ

事が出来る。価格も高い。

⑦無機塗料(セラミック塗料も含む)

屋根など劣化が激しくみられる部位にも使用する事が

あり、耐久性も高いが価格も高い。

 

 

2.塗料の特徴と耐久年数で選ぶ

image0041

塗料にはそれぞれ耐久年数があり、それにより価格も変わってきます。

「安くて長く」が一番魅力的なのですが、やはり耐久年数が良い塗料は価格も高くなってきます。

それに加え、塗料の特徴によってはさらに価格が変わります。

「価格」で選ぶか「耐久年数」で選ぶか迷ってしまいますが、それぞれの特徴とメリット・デメリットも押さえておけば、選びやすくなるのではないでしょうか。

アクリル系塗料 (耐久年数:約35年)

特徴

アクリル塗料は塗料の中でも一番価格が安く、ツヤ感・鮮やかさがあり、発色がとても良い塗料です。

高温でも変色しにくい特徴があり、透湿性が高いので、湿度が溜まりやすい軒天井や耐久性があまり必要とされていない塀などに塗装する事が多い。

メリット

発色がとても良いので、室内の壁や家具を気分で塗り替えたい方、定期的に外壁の色を変えたくて何度も塗り替えをしたい方や、とにかく価格を抑えたい方にオススメ。

デメリット

耐久年数が低い為、塗膜のクラック(ひび割れ)がおきやすく、汚れもつきやすい。外壁に塗るとなると、定期的なお手入れが必ず必要になる。

ウレタン系塗料 (耐久年数:約57年)

特徴

価格はアクリル塗料よりは少し高くなるが、他の塗料と比べると、安い。アクリル塗料の欠点をだいたいは補えており、柔らかく密着性の高い塗料なので、下地や雨樋・鉄部・木部など、細部の塗装に使用される事が多い。

※5~10年前までは、ウレタン塗料が一般的に外壁塗装に使用されていました。

リット

光沢があり、光沢が長続きするので艶やかさを出したい方にはオススメです。防汚性はアクリルと比べると良くはなっている。

 デメリット

他の塗料よりは価格も安く、塗装後の光沢も長続きはしますが、やはり他の塗料と比べるとまだ耐久性・防汚性も低く、紫外線には弱い為、変色する可能性が高い塗料。

シリコン系塗料 (耐久年数:約710年)

特徴

価格と機能性のバランスがとても良く、現在最も外壁塗装に使用されている塗料です。防水性・防汚性・耐候性もあり、カラーバリエーションも豊富。

メリット

アクリル・ウレタンに比べると価格は高いが、それよりも価格が高いフッ素塗料よりも防汚性に優れている。透湿性にも優れており葉枯れや建物内部の結露を防ぐ事も出来る。

安過ぎず、高過ぎず、それなりに長持ちする塗料を選びたい方にオススメ。

デメリット

他の塗料と比べるとヒビ割れが起きやすく、弾く性質のあるシリコンは次の塗り替えをする際に、密着率が悪くなる可能性がある。

 

ラジカル制御塗料 (耐久年数:約10年~15年)

特徴

新型塗料。シリコン塗料よりも機能性が上回り、耐久年数も延びている。

塗料の中に含まれている物質が紫外線を吸収する事により、「ラジカル分子」というものを発生させ、このラジカル分子が塗料の樹脂成分を破壊し塗料の劣化に繋がるのを、制御出来る機能がある。だから耐久年数が延びている。

メリット

シリコン塗料よりも価格が少し高いが、フッ素樹脂系塗料よりも安く、耐久性も長く、ラジカル制御塗料は光沢があります。費用も抑えて機能性も落とさず、少しでも美観を長持ちさせたい方にオススメ。

デメリット

2015年に発売された塗料の為、実際の実績数がまだ少なく、あまり普及していない。

扱っている塗装屋も少なく、希望に添えない事が多く出る可能性がある。

 

※新しい塗料は知名度も普及もまだ乏しいので、悪徳業者がすぐ目をつけ、いい加減な方法で塗装工事をし、金額を取るケースなどが出て来るので、気をつけましょう。

 

フッ素系塗料 (耐久年数:約1518年)

特徴

一般的な塗料の中では最高グレードの塗料。

塗料の寿命が非常に長いのが特徴で、耐熱・耐寒性・防汚性・耐候性・不燃性など多機能に優れている為、ビルやマンションに使用される事が多く、六本木ヒルズや東京スカイツリー・航空宇宙産業機器にも使用される事がある。

メリット

多機能性に優れておりツヤありツヤ消しなども可能で、汚れがついても雨で落ちてく為、長期間塗り替えず、美観を保つ事が出来る。

大きく見れば、定期的メンテナンスに掛かる費用をかなり抑えれる事が出来る。

デメリット

やはり価格が高額な為、あまり一般住宅向けではない。

塗膜が固い為、建物にヒビが入ってしまうと塗料も一緒にヒビが入ってしまう可能性が高く、古くなり耐久性がなくなってくると、雨で黒い筋などが入ってしまう恐れがある。

 

遮熱塗料 (耐久年数:約15~18年)

特徴

太陽の光を反射させ、建物の表面温度を下げる効果がある為、光や熱による色の退色や劣化を防ぎ、室内温度も下がる為、光熱費やCO2排出を抑える事にも繋がる。温暖化が続く現在では環境に優しい。窓ガラス用の遮熱塗料も出ている。

メリット

特に3階建ての家や吹き抜け天井の家にオススメ。屋根に遮熱塗料を塗る事で効果が期待出来る。金属製の屋根も熱を吸収しやすい為、金属製の屋根に遮熱塗料を塗ると効果が発揮しやすい。

デメリット

汚れに弱い。汚れにくい塗料と言う訳ではないので、チリやホコリなどの汚れが全体的に付着し、汚れてしまうと遮熱の効果も落ちてしまう。

光触媒塗料 (耐久年数:約1520年)

特徴

太陽光で汚れを浮かせて雨で洗い流す事が出来るのが大きな特徴です。さらに太陽のエネルギーで空気中の汚染物質を分解し、空気をキレイにする事も出来る、言わばセルフクリーニングが出来る塗料になる。

メリット

環境に優しいのが特徴ですので、環境問題を考えている方や、汚れが付きにくいのでこまめな掃除やメンテナンスの必要がなく耐久年数も長いので、かなり長い間美観を保つ事が出来る。

デメリット

価格が高めで、塗料に含まれる酸化チタンが紫外線と反応する事でセルフクリーニングが可能になるので、太陽光が当たらない場所では効果が薄くなる恐れがあります。

また、塗装の際に塗装技術のいる難しい塗料ですので、施工実績のある業者でないと、光触媒塗料の良さがちゃんと出せない可能性がある。

 

無機塗料 (耐久年数:約1017年)

特徴

無機塗料は名の通り「無機物」ですので、有機物にあたる合成樹脂が含まれる塗料より、紫外線に強いので劣化しにくいのが特徴です。またガラス成分が含まれている為、雨で汚れが落ちるセルフクリーニングタイプの塗料になります。耐候性が高く、防汚性・防熱性にも優れている。

メリット

艶が良く出て耐久年数もあるので、美観を長く保つ事が出来ます。

雨がよくあたって湿度が高くなり、カビや藻が発生しやすい等でお困りの方にオススメ。

デメリット

価格が高く、塗料事態が固いのでひび割れしやすい。

塗装技術塗装技術のいる難しい塗料ですので、施工実績のある業者でないと、無機塗料の良さがちゃんと出せない可能性がある。

 

 

まとめ

大きく分けると多いようで少ない塗料の種類でしたが、建物がどういった状態で建っているのか、どういう条件・場所に建っているのかで考え、耐久年数だけではなく、機能面を考えると多種多様ではないでしょうか。

それぞれの塗料の性質や機能を最大限に活かして満足の行く塗装をしたいですよね。

外壁塗装は安い買い物ではないので、業者が勧めて来る塗料で全て任せるのではなく、塗料の機能を少しでも知っていれば、業者にも相談しやすくなり、それぞれにあったニーズに業者も対応しやすくなるのではないでしょうか。

 

 

外壁塗装の色選びで知っておきたい4つの注意点~兵庫県川西市の外壁塗装~

外壁塗装をする際、最も悩んでしまうのが色選びですよね。

色選び1つで良くも悪くも、大きく家の印象が変わってしまいます。

外壁塗装は「塗りたい色をただ塗る」だけではなく、家全体のバランスや、住んでいる場所、周辺とのバランス、サッシの色だけで外壁塗装のバランスが取れないなど、意外に注意点があります。

自分のイメージ通りに、かつ印象も良くするためにはどんな色選びをすれば良いのか、注意点などが分かっていれば、選びやすくなるのではないでしょうか。

今回の記事は色選びの注意点をまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

 

1. 色選びでの4つの注意点

外壁塗装で失敗しない為にも、まずは色を選ぶ時の注意点を知っておくと、選びやすくなるかと思います。

安易に自分の塗りたい色を塗るだけでは、塗装後に失敗してしまう可能性があるからです。

自分の塗りたい色を上手に選びながら、外壁塗装をしていきましょう。

① 原色を選ぶ時は色あせ・汚れに注意

・赤や青などの原色系

image0013-300x225

経年数を重ねると色が薄くなり古びた印象が強くなってしまいます。経年数で色あせするのは仕方のない事ですが、特に原色系はそれが目立ってしまいます。

原色を選びたい時は、彩度(あざやかさ)と明度(あかるさ)に気をつけて選ぶ事をお勧めします。

 

・白や黒色

6c132e12de374120d5331ff4524ebabd-400x196

塗りたてはとても綺麗に見えますが、塗り替え時期の10年目に入る前には、シミやキズ等が部分的に浮いて見え、かなりの汚れが他の色より目立ってしまう可能性があります。

 

② 2色以上を選ぶ時は同系色でまとめる

5e53272bc5e7d1521ec44bdd6953d078

2色以上色を選ぶ場合は、調和が取りやすい同系色か、彩度が同じぐらいの色で選ぶようにしましょう。

6:4から7:3程度の割合で塗り分けをするのがバランス良く、まとまりがあります。

選んだ色のどちらをどこにもって来るのかも考えて色を選びましょう。

2色以上をお考えの方は、こちらの記事も参照ください。

 

③ サッシの色とのバランスを考える

a6b312373c23b3d8674c094cb3fff2dc

ここで意外に重要なのが「サッシの色」です。

どんなにキレイな外壁の色を選んでも、サッシの色によっては全体的にバランスが取れなくなります。

外壁の色選びだけに捕らわれず、サッシの色についても考えながら選びましょう。

④ 景観を意識して選ぶ

JC029_72A-400x300

最近は個性的な塗装も増えてきましたが、あまりにも奇抜な色を選んでしまうと、周辺宅との調和が取れず、浮いてしまいます。

お住いの地域によっては「景観ガイドライン」を定めている所もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

2. カラーサンプルで選ぶ時のポイント

IMG_6407-300x400

小さい枠で区切られ、何十色・何百色もあるカラーサンプルの中から、気に入った色があっても、実際塗ってみたら「思っていた色と違う…」ということがよくあります。

そうならない為にも知っておくと役立つ、試してみるといい事をご紹介いたします。

2-1 彩度と明度に気をつける

小さい枠内で見るカラーサンプルの色は、実は濃く見えています。

カラーサンプルから選び、いざ大きな面積の外壁に塗るとカラーサンプルで見た色よりも明るく見え、「もっと濃い色だと思ってたのに…」となる事が多いです。

ですので、サンプルから選ぶ場合は、電気の下で確認する室内より、実際外に出て色の確認をしてみたり、イメージしている色より彩度と明度を1つ下げて選ぶと、イメージに近い仕上がりになります。

※大きめ(A4サイズ以上)のサンプルを見せてもらうのも良いでしょう。

 

2-2 試験塗りをしてもらう

イメージしている色や、カラーサンプルから色を選んだら、実際に壁に試験塗りをしてもらい、色の出を確認するのも良いでしょう。

実際に塗ってもらう事で、晴れている時・曇りの時の色味を確認出来るので、より理想に近い色選びが可能になります。

※試験塗りをしてもらった時は、色に対して思ったことを事細かく業者にちゃんと伝えましょう。業者側もどんな色にしたいと思っているのかイメージしやすくなります。

※試験塗りには別途費用が掛かる可能性があります。あらかじめ業者に確認しておきましょう。

 

3.人気のある色は? 

先程までの注意点を見て来ても、まだどんな色を選べば良いのか悩んでしまう方もいらっしゃいますよね。そこで、少しでもイメージしやすくなるよう、一般的に人気のある色をご紹介いていきます。

●バランスが取りやすいベージュ系

image004

ベージュ系は家を大きく見せる効果もあり、どんなサッシの色でもバランスが取りやすく、和風の建物でも洋風でもよく合います。

近隣住宅とも調和がとりやすいです。

しかしベージュ系はいざ塗ってみると、思っていたのより白さが強く出てしまい失敗したと感じてしまう人も多いようです。汚れも目立ちます。

ベージュ系を選択される場合は、カラーサンプルの色より少し彩度を落としてみるか、試験塗りをちゃんと行って選ぶといいでしょう。

●モダンで落ち着いて見えるダークブラウン系

image028

モダン系の落ち着いた感じしたい方に選ばれやすいダークブラウン。

ただダークブラウン一色で家全体を塗られる方は少なく、赤茶色よりも焦げ茶色を選び、アクセントに付帯部やサッシの色を変えてみたりツートンカラーにしたり、2色以上使って塗り替える方が多いです。

●ナチュラルにまとめるグレー系

image060

明るめのグレーや濃いめのグレーを使い分けてのツートンカラーなど、こちらも2色以上使うのに人気があります。

白・黒・ブロンズ系のサッシの色でも合わせやすいです。

あまり薄いグレーを選ぶと、汚れた白色に見えるので、彩度には十分に気を付けましょう。

●和風・洋風にも合うオシャレなグリーン系

image020

グリーン系の色は意外に万能色でもあり、シックな和風の建物や、モダンな洋館風、明るく爽やかに可愛い洋風にも仕上げる事ができます。

サッシが白い場合はダークグリーンを選ぶと、昔の洋館を思わせる様な落ち着きと品のある雰囲気になります。

和風の建物は明るめのグリーン系にしてしまうとバランスが悪くなってしまいますが、抹茶系の和の色合いに合わせて彩度を落としていくと、渋くバランスが取れた感じになります。

明るめの色合いのグリーン系にブロンズ系のサッシの色は合わないので注意しましょう。

他にもタイルや玄関ドアとも合わせるのが難しいようでしたら、少しずつ彩度を落としていき、バランスを確認してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

外壁塗装は大きい面積を塗る事になるので、足場も組み立てて何日もかかります。そしてご近所への匂いの配慮もしないといけない。

失敗したからといってそんなにコロコロと塗り替えれる訳でもありません。その分費用も掛かってしまいます。

出来る限り失敗しないで自分のイメージ通りに、1回で塗り終えたいですよね。

今回の記事でそんな方のお悩みを少しでも解消出来ていれば幸いです。

じっくり考え、じっくり悩み、イメージ通りの素晴らしい外壁塗装を行って下さい。

外装塗装に適した時期・季節の見分け方~兵庫県川西市の外壁塗装~

兵庫県川西市「知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

家に長く住んでいると色々と老朽化が進んできます。

最近外壁の汚れやヒビ割れが気になってきたけど、家はどのぐらいの年数で塗り替えるべきなのか、塗り替えする時の季節はいつが一番良いのかわからず、悩んではいませんか?

見た感じにはまだヒビもそこまでひどくないし、キレイに住めている方だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、あっという間に劣化が進んでしまうこともありますし、何より早めにメンテナンスを行えば費用も安く済みます。

どの様に判断すれば良いのか、この記事を参考にしていただければと思います。

1.外装塗装の目安は築10年目

house_reform-256x214

建物に目立った異常がなければ、一般的な塗り替え時期の目安は築10年ぐらいです。そこからまた10年後と定期的に塗り替えをして行きます。

ぱっと見てきれいでも、日々太陽光や雨に晒されている外壁は徐々に劣化していきますので、築年数で判断されるのも1つの手として良いと思います。

家は築10年目程から劣化の進行が早まり、築10年を目安に外壁の塗り替えをしてあげることで約3倍程長持ちすると言われています。

2.劣化している様には見えないけど…外壁塗装が必要?

「築10年以上経つが、キレイに保ってるから塗り替えは必要ない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

キレイに保っていると思うのは、目に見えての劣化症状がないからではないでしょうか。

塗装が剥がれてる、ヒビが入ってる等ぐらいでしか判断しにくいものだと思います。

2-1.目に見えてる部分だけが劣化ではない

coating

外壁は常に太陽光や雨などに晒されています。

日の当たる場所に置いてある物は、太陽光で日に焼けて変色したりする事がありますよね。

家だって同じように日に焼けているので、必ず劣化していきます。

「ヒビも入ってないし、目に見えて痛んでいるという箇所がないから・・・」だけではなく、築年数で判断されるのも良いと思います。

2-2.雨から家を守る

外壁にヒビが入っていれば、当然雨漏り等の原因に繋がりますが、外壁の防水処理・遮熱効果の劣化も家に取っては大きなダメージに繋がります。

外壁の塗装が水を弾かなくなると、外壁に雨が浸み込んしまうので、建物を傷みやすくしてしまいます。

2-3.定期的な塗り替えで費用を抑える

money_bag_yen

築10年以上経っていても「これぐらいなら大丈夫」と放置してしまうと、もっと建物の傷みを悪化させてしまい、その分、補修や塗り替えの費用が膨大なものになってしまう可能性もあります。

そうならない為にも、築10年目を目安に、早い段階で塗り替えを検討された方が、費用を抑える事にも繋がります。

3.外装劣化チェックをしてみましょう

築10年目はあくまで目安ですので、7~8年目ぐらいから早い段階で、家の傷みを発見できれば修繕費を安く抑えることもできます。

家の壁を外から見て定期的に点検するのも良いと思います。

◆劣化チェック項目◆

①外壁の色あせ・汚れがある(シミのようなもの)

image0013-300x225

②外壁にカビや藻が生えている

image0092-300x225

③塗装やタイルの剥がれ・浮き

image0094

④外壁にヒビ

c2e8d0a578bfd450b987722da55a412e-282x211

⑤シーリングの劣化

タイルの防水処理効果の劣化を表します。

76fedf56dbc69a893a96681f12899be0-400x246

⑥チョーキング現象

外壁を手で触った際に白い粉のようなものがつく現象のことを「チョーキング現象」と言い、塗装の防水処理効果の劣化を表します。

choking-300x225

上記のいずれかに検討する異常が見受けられた場合は、お家の劣化が始まっている証拠です。外壁塗装を検討した方がいいでしょう。

4.塗装に適した塗り替えの季節とは?

せっかく外装塗装をするなら、適した季節に塗り替えを行ないたいたいと考えられる方も多いかと思います。

外装塗装は湿度や気温、乾燥などが影響してきます。

では、いつの季節にするのが最も適しているのか?

残念ながら、湿度の高い日本では”完璧に適した季節”というのは難しいのですが、逆を言うとどの季節でも対応できるということです。

一般的に塗装シーズンは”春”とされています。しかし、季節ごとにそれぞれメリット・デメリットがありますので、ご要望と照らしあわせながら選ぶことが重要になってきます。

季節ごとのメリット・デメリットをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

bird_uguisu

一般的な塗装シーズン。この季節を選ぶお客様もたくさんいれば、気温が暖かくなり作業しやすくなるため、業者から提案されることも多い。

メリット・・・気候が穏やかで、晴れている時は湿度が低く、気温も高過ぎず、低過ぎずで塗料が乾きやすい。作業中は窓を閉めきって工事を行なうが、気候的に窓を閉めきっていても問題がない。

デメリット・・・雨が多く湿度が上昇してしまう。雨が降ると作業が出来なくなる為、工期も延びてしまう可能性がある。

himawari

長期休暇に入り家を空ける事も多くなるので、8月前半やお盆までにはという依頼が多い。

メリット・・・気温が高過ぎなければ、塗料の伸びも良く、乾きも早いので作業が他の季節と比較して早く進められます。(工期が短くなる)

デメリット・・・気温が高くなり過ぎると、塗装表面の乾燥が早すぎて、泡が生じてしまう可能性がある。さらに、突然ゲリラ豪雨が発生してしまうと、塗料の乾燥ができなくなり湿度も一気に上昇してしまう。

 

dokusyo_aki_woman

台風の強い雨風が原因で、雨漏りやシーリング切れ、落ち葉による雨どいの詰まりや掃除などの依頼が増える時期

メリット・・・春と同じで気候的が穏やかになり作業がしやすい。窓を閉めきっていてもあまり問題ない。

デメリット・・・台風が多い時期なので、湿度が上がってしまい、工期が延びてしまう可能性がある。

 

yukigeshiki

キレイにしてから新年を迎えたいという日本人の習慣から、クリスマス前や年末前までの依頼が増える時期

メリット・・・気温も低く、湿度も少なく、空気が乾燥しているので塗料の定着がとてもよい。窓を閉めきっての作業にも問題がない。

デメリット・・・日照時間が短くなるので、作業時間が少なく、真冬になると気温が低過ぎて塗料が乾きにくい。霜や雪などの影響もあり、工期が長く掛かる可能がある。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか。

どの季節を選択しても、下地・中塗り・上塗りと全ての工程で、しっかりと乾いてから塗って行く事が大切です。そういった事も業者選びのポイントに繋がるかもしれません。

外壁塗装の流れについて詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。

 

外壁塗装の塗り替え時期や、塗り替える季節の事も考えて、塗り替えるのを保留にしてしまっていると、外壁の劣化が進行し、余計な費用が掛かってしまう可能性も出てきます。気になったら出来るだけ早い対応をする事をお勧めいたします。

 

気になることやもっとこういうことを知りたいなどありましたら、コチラまでお気軽にご相談ください!

3 / 1512345...10...最後 »

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!