ブログタイトル

外壁リフォーム工事の種類と費用~兵庫県川西市の外壁塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

戸建て住宅を購入してから何年かが経ち、外壁の汚れが気になったり同じ時期に建った近所の家が塗替えをはじめたり、塗替えについてなんとなく意識し始めてもどう行動に移せばいいかわからず、そのままにしていませんか。

本日は、“外壁リフォーム工事の種類と費用”についてお話したいと思います。

外壁リフォーム工事の種類と費用

20853a54adf8a4223c315c76720c07cc_s-285x214

外壁のリフォーム方法は劣化状況に合わせて、外壁の塗替え、重ね張り、張り替えの3種類があります。

1.外壁の塗替え

既存の外壁の上から新たに塗装を塗るリフォームです。外壁リフォームの中で最も手軽な工事です。定期的に塗替えを行なうことで、建物を長持ちさせることができます。

どんな状態になったら塗替えが必要なのか知りたい方は、「塗替えが必要なサイン~兵庫県川西市の外壁塗装」の記事を参考にしてみてください。

外壁リフォームにかかる費用の目安は100万円前後です。

2.重ね張り

外壁がサイディングの場合に限りますが、既存のサイディングの上から薄い金属サイディングを張るリフォームです。

既存のものとデザインや質感の異なる金属サイディングを選べば、「張り替え」よりも手軽にお家の雰囲気を一新することができます。ただし、既存のサイディングがひどく劣化していると、重ね貼りできない場合がありますので注意しましょう。

費用の目安は、延べ床面積120㎡のお宅で150万円~です。

3.張り替え

既存の外壁材を剥がして、下地からやり直すリフォームです。大掛かりな工事になるため、費用は最も高く200万円以上かかります。しかし、外壁材は何でも好きなものを選ぶことができ、下地から新しくするため耐久性を向上させることもできます。既存の外壁がかなり劣化している場合は「張り替え」がいいでしょう。

 

いかがだったでしょうか。

「塗替え」は、外壁の劣化状態、塗装面積、塗料の種類(グレード)によって、「重ね張り」と「張り替え」は劣化状況、新しく張り替える素材(材料費)によって費用が変わってきます。

明日は、”塗料の種類と選び方”について更新したいと思います。

塗替えが必要な外壁のサイン~兵庫県川西市の外壁塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

戸建て住宅を購入してから何年かが経ち、外壁の汚れが気になったり同じ時期に建った近所の家が塗替えをはじめたり、塗替えについてなんとなく意識し始めてもどう行動に移せばいいかわからず、そのままにしていませんか。

本日は、“塗替えが必要な外壁のサイン”についてお話したいと思います。

塗替えが必要な外壁のサイン

一般的に戸建住宅は、新築時から約10年で塗替えが必要とされています。10年経過したころには劣化症状が見られていることがおおいため、住まいを長持ちさせるためには、築8年を迎えた頃から外壁を意識してチェックしましょう。

①外壁の色あせはないか

image0013-300x225

外壁の色あせは、外壁材を雨水などから守っている塗料の膜(塗膜)が劣化しているサインです。特に、日のあたる南面・西面は色あせしやすいため念入りにチェックしましょう。

②チョーキングが発生していないか

choking-300x225

外壁を手で触ると白い粉が付着することを「チョーキング」と言います。塗膜による防水効果が失われているサインです。放置しておくと、建物内部へ雨水がしみこんでいきます。

③塗膜の剥がれが発生していないか

image0094

水分が建物内部にしみこむと、塗膜の膨れや剥がれが発生します。塗膜が剥がれている部分は外壁材がむき出しということになるため、水分がさらに建物内部へ侵入することになります。

④ひび割れがないか

b7e186f200d6920ec346fa2efd5e0bee

ひび割れには、幅が0.3㎜以下の「ヘアークラック」と0.3㎜以上の「構造クラック」があります。構造クラックが見られる場合には、裏面まで貫通している可能性があるので早期に塗替えましょう。「ヘアークラック」も定期的に、幅が広がっていないかチェックしましょう。

⑤カビ・苔・藻が発生していないか

image0092-300x225

劣化が進行しているサインです。一度発生すると増殖し続けるので、早期の塗替えが必要です。

⑤シーリング(コーキング)にひびがないか

e37797ad8b51831a5d99c9d913623c22-300x169

外壁材と外壁材のつなぎ目や窓サッシまわりにあるゴムをシーリングと言います。こちらにひびがある場合は、塗替えのサインです。

 

いかがだったでしょうか。

もし塗替えのサインを見つけた場合には、業者に依頼して正確な劣化状況を調査してもらいましょう。劣化状況によって塗替えの費用も変わってきますので、正確な劣化状況の把握は適正価格で工事を行なうために必須です。

明日は、”外壁リフォーム工事の種類と費用”について更新したいと思います。

 

 

外壁の塗替えが必要なのは建物を保護するため~兵庫県川西市の外壁塗装

「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

戸建て住宅を購入してから何年かが経ち、外壁の汚れが気になったり同じ時期に建った近所の家が塗替えをはじめたり、塗替えについてなんとなく意識し始めてもどう行動に移せばいいかわからず、そのままにしていませんか。

本日は、“外壁の塗替えがなぜ必要なのか”についてお話したいと思います。

外壁の塗替えがなぜ必要なのか

塗替えはただ見た目をきれいにするだけではありません。

外壁の塗替えが必要な理由は、3つあります。

  1. 建物を太陽光や雨水から守るため(保護)
  2. 見た目をきれいにするため(美観)
  3. さらに快適な空間を作るため(機能性向上

coating

外壁を塗替える最も大きな理由は①建物を太陽光や雨水から守るため(保護)です。

製造時、外壁に使用される外壁材の表面には基本的に塗装が施されています。正確に言うと、外壁材表面に塗料を塗ることで塗料の膜(塗膜)が形成され、外壁材を太陽光や雨水などから守っています。

そのため、塗膜が経年劣化してしまうと、見た目が悪くなると同時に外壁材が直接太陽光や雨水にさらされることになり、ひび割れや雨漏りなど建物そのものの劣化を早めてしまいます。つまり、建物内部を守り、安心して暮らすために外壁の塗替えが必要になるのです。

塗料によっては、汚れがつきにくいものや遮熱効果のあるものなどもあり、家を保護する+αの効果を付加することもできます。それが、③さらに快適な空間を作るため(機能性向上)です

いかがだったでしょうか。外壁の塗替えは一般的に新築時から10年程度が目安と言われています。しかし、外壁材の種類や周りの環境によってタイミングは異なってきます。

明日は、“塗替えが必要な外壁のサイン”について更新したいと思います。

 

 

15 / 15« 先頭...1112131415

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!