ブログタイトル

屋根塗装に必須の「縁切り」について~兵庫県川西市の屋根塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

お住まいの屋根瓦がスレート屋根の場合、屋根塗装の際に絶対必要な作業があります。

それは瓦の「縁切り」です。

塗料乾燥後、塗膜で塞がったスレート瓦の重ね目を切り、屋根内部に雨水が進入するのを防ぐ作業で、物騒な名前ではありますが、これを行なわないと雨漏りという大きなトラブルを招いてしまいます。

しかし、かなり手間のかかる作業のため、縁切りを行わない悪い業者も存在します。そんなトラブルに巻き込まれないためにも、本日は縁切りの基礎知識と対処法をご紹介いたします。

 

屋根塗装に必須の「縁切り」

1.縁切りとは

9f2fce810e3d0fb942b4208d366699ca

「縁切り」とは2回目以降の塗替えの際、塗料の膜(塗膜)で塞がったスレート瓦の重ね目を切って、水の通り道を確保する作業のことです。

スレート屋根をローラーなどで塗装をすると、瓦の重ね目に塗料が入り込み、そのまま乾燥させると重ね目が塞がった状態になります。新築時にはスレート瓦を塗装しないので、新築後初めての屋根塗装の場合は「縁切り」は必要ありません。

2.縁切りの必要性

重ね目が塗膜で塞がっていると、スレート瓦をつたって屋根内部に雨水が侵入し雨漏りの原因になります。

塞がっているのならむしろいいのではと思うかもしれませんが、屋根に降り注いだ雨水は、スレート瓦の重ね目にある隙間から抜け出ることで、屋根内部に水がたまらないようになっています。

3.縁切りの方法

385dbb25e43613e877bce0014653e174

縁切りは、上塗り塗装後にカッターなどの工具を使って、スレート瓦の重ね目を塞いでいる塗膜を切る方法と下塗り塗装後に「タスペーサー」という部材を重ね目に差し込んでいく方法があります。

タスペーサーとは

256c8a8715094b09debbb99b80280175

スレート瓦の重ね目に差し込み、隙間を確保する縁切り用部材です。15㎝間隔で差し込んでいき、30坪ほどの屋根だと約1000個使用します。費用としては、3~5万円程度です。

タスペーサーを使用する場合は、カッターなどで塗膜を切る従来の縁切りは必要ありません。現在、このタスペーサーを使用する方法が主流になってきていますが、コスト節約などを理由に従来の縁切りを採用することもあります。

4.縁切りにまつわるトラブルを避けるために

必須作業であるにも関わらず、かなり手間のかかる作業でもあるため、縁切りがされていないケースは珍しくありません。

トラブルを避けるためのポイントは2点です。

・施工業者との商談段階で、縁切り作業(タスペーサー挿入)が工程に含まれているか確認する。

きちんと見積書や工程表など書面に記載してもらいましょう。口頭での約束は厳禁です。

・工事完了後に、写真付きの報告書を提出してもらう

きちんと縁切りがされているか写真で確認しましょう。

5.縁切りがされていなかったら

早めに屋根と屋根裏の状態を確認します。

すでに雨水が溜まっている可能性もありますので、早めの対処が必要になってきます。

屋根に上がるのは危険を伴いますので、塗装専門店など屋根の診断をしてくれるところに依頼するのがおすすめです。屋根塗装をしてもらった業者に依頼してもいいですし、不安な場合は別の業者に屋根の診断だけ依頼してもいいでしょう。

 

いかがだったでしょうか。

要点は下記の通りです。

・「縁切り」とは塗膜で塞がったスレート瓦の重ね目を切る作業で、2回目以降のスレート屋根の塗替えに必須

・「縁切り」を行わないと雨水が屋根内部に溜まり、雨漏りの原因になる

・「縁切り」は手間のかかる作業のため、行わない悪い業者も存在する

・トラブルを避けるためにも、「縁切り」作業を行なうか商談の時点で確認し、書面に記してもらう

 

次回は、「屋根の色選び」についてご紹介いたします。

 

 

遮熱塗料について~兵庫県川西市の屋根塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

せっかく屋根を塗り替えるなら、遮熱効果のある塗料にして室内をより快適にしたい。でも本当に効果があるのか不安に感じてはいませんか。

遮熱塗料は熱の原因である太陽光を反射することができます。そのため遮熱塗料を塗った屋根材の表面温度は通常のものより10~20℃低く、室内温度も2~3℃低くなります

室内温度が下がれば光熱費も抑えられ大変お得ですが、遮熱塗料は冬場でも太陽光も反射してしまい、かえって室内が寒くなることもあります。遮熱塗料を使って一年中快適な室内を作りあげるためには、保温効果のある「断熱」と上手に組み合わせることが重要になってきます。

この記事では、遮熱塗料の基礎知識と効果を最大限に活かす方法などを載せておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

遮熱塗料について

1. 遮熱塗料について

1c94a9a468090c450c839a6416ab2401

遮熱塗料は、熱の発生源である太陽光(赤外線)を反射する特殊な着色顔料が入った塗料です。そのため、遮熱塗料を屋根に塗ると、屋根材の表面温度が一般塗料を塗った屋根よりも低くなり、結果として室内温度の上昇を抑えることができます

特殊な顔料を使用している分、一般的な塗料と比べて屋根の色に若干の成約があります。明るい色ほど一般塗料との温度差が広くなるため、できる限り白に近い色を選ぶと効果を最大限に活かすことができます。

価格は一般の塗料より高くなりますが、室内温度が下がることによる光熱費削減等をふまえると長い目でみてお得と考えられます。

2. 断熱との違い

8e14a336e22ab23025a1b53d698ea65f

「遮熱」は熱に変わる光を遮る(温度上昇の抑制)、「断熱」は熱の行き来を断つ(保温)を意味します。

断熱塗料というものもありますが、そちらは太陽光からの熱源を塗膜に溜め込んで建物内部に熱が伝わりにくいようにする効果を持ちます。熱が伝わりにくくなると、外との温度差を減らすことができ、外が暑くても室内は涼しく、外が寒くても室内の温度をあたたかく保つことができるようになります。

しかし、徐々に塗膜の温度が上昇していくため、屋根そのものの温度上昇の抑制にはあまり効果がありません。

3.遮熱塗料と断熱材の組み合わせが最適!

夏に涼しく、冬に温かい室内環境を作るためには、「遮熱」と「断熱」を上手に組み合わせることが重要です。

なぜなら、遮熱塗料を塗っただけでは冬場の少ない太陽光も同じく反射させてしまい、夏は快適でも冬は寒く感じてしまうかもしれないからです。それを未然に防ぐためにも室内の暖かさを断熱材でキープする必要性があります。

住宅の屋根には基本的に断熱材が敷き詰められているので、屋根に改めて断熱材を塗るよりも、元からある断熱材がきちんと効果を発揮できるようメンテナンスし、屋根に遮熱塗料を塗った方が、一番効果的です。

4.遮熱塗料の効果

じゃあ、実際に遮熱塗料を塗って涼しくなるのかというところですが、だいたい室内の体感温度が3℃下がると言われています。

広告などでは、表面温度が10~20℃前後下がったなど劇的に変化したように書かれていますが、大切なのは表面の温度がそれだけ下がって室内温度がどう変わるかです。室内温度は平均的に10%ほど下がります。

つまり、室内温度28℃だったのが遮熱塗料を塗るとその10%(約3℃)下がり、25℃になるという計算になります。

一般的に室内温度が2℃下がると夏場の冷房費を10%節約できるといわれているため、10%以上の光熱費削減も見込めます。

 

いかがだったでしょうか。

次回は、屋根塗装における重要な作業「縁切り」についてお話したいと思います。これをきちんと行うか否かによって、屋根の寿命が大きく左右されます。

屋根塗料の種類と機能~兵庫県川西市の屋根塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

屋根塗装を検討するにあたって、どの塗料を選べばいいのか、そもそもどんな塗料があるのかわからず悩んではいませんか。

今回は代表的な4つの塗料と3つの機能をご紹介したいと思います。どんな塗料でどんな機能を持つのかによって、効果や耐久性はもちろん費用も大きく異なってきます。費用を抑えるため、安易に塗料のグレードを落としてしまうと、長年住むつもりだったのに思ったより早く劣化してしまったなどの失敗にもつながります。

次の塗替えまでどれだけ持たせたいのかと費用を照らし合わせるのがポイントです。

ぜひこの記事を参考に屋根塗装を改めて検討してみてください。

屋根塗料の種類と機能

 1. 屋根塗料の種類

塗料について詳しく説明していきたいと思います。

塗料は、溶媒・樹脂(塗膜となる主成分)・顔料(色付けの役割)・添加物で構成されています。なかでも、樹脂によって耐久性が大きく変わってきます。

安価で耐摩擦性を持つ「ウレタン塗料」

耐久年数…5~7年

アクリル樹脂にウレタン樹脂を添加した塗料です。現在主流であるシリコン塗料が登場する前までは塗料の代表格でした。摩擦に強いため、現在でも鉄階段や鉄の手すり、雨戸などに用いられています。

価格と機能のバランスがいい「シリコン塗料」

耐久年数…7~10年

スタンダードな塗料で、カラーバリエーションが豊富。水に馴染む「親水性」という性質を持っているので、塗膜の表面に汚れがつきにくく、ウレタン塗料よりも汚れに強いです。

耐久性が高く汚れにくい「フッ素塗料」

耐久年数…10~15年

耐久性を優先するならフッ素塗料がおすすめです。水をはじく撥水性を持ち、とても強固な塗膜を生成します。

東京スカイツリーに使用されていたり、フライパンのテフロン加工もフッ素樹脂です。

長期に渡り美観を保つ「無機塗料」

耐久年数…15年~

無機とは自然界の鉱物物質のことで、薄いガラスを屋根材に吹き付けるイメージです。汚れにくく、高い耐久性を持ちます。

 

2.屋根塗料の機能について

日光を反射させる「遮熱機能」

1c94a9a468090c450c839a6416ab2401

夏になると、2階の室内温度が高くなると悩んでいる方におすすめの機能です。

なぜ室内が暑くなるのかというと、太陽光に含まれる赤外線が屋根材の表面温度を上昇させ、その熱が建物の内部に侵入してくるからです。遮熱塗料は、その赤外線を反射させる効果を持ち、温度上昇を抑制します。

冬でも太陽光を反射してしまうため、遮熱塗料を検討する際には断熱材も一緒にメンテナンスするのがおすすめえです。断熱材がきちんと機能していれば、夏は涼しく冬は暖かく、遮熱塗料の効果を最大限に発揮できます。

熱を伝わりにくくさせる「断熱機能」

太陽光を反射させて温度上昇を抑制する遮熱機能とはまた異なり、断熱機能を持った塗料は太陽光から発生した熱を塗膜に溜め込むことで室内に熱が伝わりにくいようにします。熱の移動を最小限に抑える効果もあるため、室内の温かい温度を外に逃しません。

外壁や内装に使用できる塗料もあるため、屋根は遮熱塗料、外壁は断熱塗料と使い分けると効果的でしょう。

15年以上もつとされる「高耐久性機能」

house_reform-256x214

一般的に耐用年数が15年以上のものを、高耐久性塗料と言います。他の塗料と比べて多少値は張りますが、長持ちするため塗替えの回数が少なく済み、長い目で見るとお得な場合がほとんどです。

高耐久性でありながら、遮熱または断熱機能を持つ塗料もあります。塗替えの回数を減らしたいといった方におすすめの機能です。

3.種類と機能 組み合わせ一覧

  塗料の種類 特徴
お手頃価格 ウレタン系一般塗料

シリコン系一般塗料

遮熱等の機能を持たない一般的な塗料

耐久性は5~7年

短期間持てばいいとお考えの方におすすめです。

スタンダード シリコン系遮熱塗料 シリコン塗料に遮熱機能がついた塗料

耐久性は7~8年

夏になると2階が暑い、遮熱塗料にしてみたいとお考えの方におすすめです。

やや高価 フッ素系遮熱塗料 高耐久性のフッ素塗料に遮熱機能がついた塗料

耐久性は10~15年

息子・娘に家を譲渡したいなど長年住む方におすすめです。

高価 無機系遮熱塗料 フッ素よりも優れた耐久性を持つ無機塗料に遮熱機能がついた塗料

耐久性は15年以上

息子・娘に家を譲渡したいなど長年住む方におすすめです。

屋根は外壁よりも紫外線を浴びるため、劣化のスピードが比較的早くなります。

外壁と同時期に塗り替える際には、1ランクグレードが高い(耐久性が高い)塗料にしておくと次回の塗替えも外壁と同時に行うことができ、足場代を節約することができます。

 

いかがだったでしょうか。

屋根は建物の中で最も紫外線を浴び、劣化しやすい箇所ですので、持たせたい耐久性より1ランクグレードが高い(耐久性が高い)塗料にしておくと失敗が少なくなります。

さらに、耐久性がある塗料を塗った場合、塗替えの回数が減り、長い目で見てお得な場合もありますので、その場の工事費だけではなく次の塗替えも念頭に置きながら検討してみてください。

次回は、遮熱塗料について、より掘り下げてお話したいと思います。

一般塗料に比べると少し費用が高くなりますが、遮熱塗料の効果を最大限に発揮すれば室内温度が下がるだけではなく、光熱費を抑えることも可能になります。

実際にどれだけ室内温度が下がるのか、どうすれば効果を最大限に発揮できるのかをお伝えします。

 

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!