ブログタイトル

外壁塗装の色選びで知っておきたい4つの注意点~兵庫県川西市の外壁塗装~

外壁塗装をする際、最も悩んでしまうのが色選びですよね。

色選び1つで良くも悪くも、大きく家の印象が変わってしまいます。

外壁塗装は「塗りたい色をただ塗る」だけではなく、家全体のバランスや、住んでいる場所、周辺とのバランス、サッシの色だけで外壁塗装のバランスが取れないなど、意外に注意点があります。

自分のイメージ通りに、かつ印象も良くするためにはどんな色選びをすれば良いのか、注意点などが分かっていれば、選びやすくなるのではないでしょうか。

今回の記事は色選びの注意点をまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

 

1. 色選びでの4つの注意点

外壁塗装で失敗しない為にも、まずは色を選ぶ時の注意点を知っておくと、選びやすくなるかと思います。

安易に自分の塗りたい色を塗るだけでは、塗装後に失敗してしまう可能性があるからです。

自分の塗りたい色を上手に選びながら、外壁塗装をしていきましょう。

① 原色を選ぶ時は色あせ・汚れに注意

・赤や青などの原色系

image0013-300x225

経年数を重ねると色が薄くなり古びた印象が強くなってしまいます。経年数で色あせするのは仕方のない事ですが、特に原色系はそれが目立ってしまいます。

原色を選びたい時は、彩度(あざやかさ)と明度(あかるさ)に気をつけて選ぶ事をお勧めします。

 

・白や黒色

6c132e12de374120d5331ff4524ebabd-400x196

塗りたてはとても綺麗に見えますが、塗り替え時期の10年目に入る前には、シミやキズ等が部分的に浮いて見え、かなりの汚れが他の色より目立ってしまう可能性があります。

 

② 2色以上を選ぶ時は同系色でまとめる

5e53272bc5e7d1521ec44bdd6953d078

2色以上色を選ぶ場合は、調和が取りやすい同系色か、彩度が同じぐらいの色で選ぶようにしましょう。

6:4から7:3程度の割合で塗り分けをするのがバランス良く、まとまりがあります。

選んだ色のどちらをどこにもって来るのかも考えて色を選びましょう。

2色以上をお考えの方は、こちらの記事も参照ください。

 

③ サッシの色とのバランスを考える

a6b312373c23b3d8674c094cb3fff2dc

ここで意外に重要なのが「サッシの色」です。

どんなにキレイな外壁の色を選んでも、サッシの色によっては全体的にバランスが取れなくなります。

外壁の色選びだけに捕らわれず、サッシの色についても考えながら選びましょう。

④ 景観を意識して選ぶ

JC029_72A-400x300

最近は個性的な塗装も増えてきましたが、あまりにも奇抜な色を選んでしまうと、周辺宅との調和が取れず、浮いてしまいます。

お住いの地域によっては「景観ガイドライン」を定めている所もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

2. カラーサンプルで選ぶ時のポイント

IMG_6407-300x400

小さい枠で区切られ、何十色・何百色もあるカラーサンプルの中から、気に入った色があっても、実際塗ってみたら「思っていた色と違う…」ということがよくあります。

そうならない為にも知っておくと役立つ、試してみるといい事をご紹介いたします。

2-1 彩度と明度に気をつける

小さい枠内で見るカラーサンプルの色は、実は濃く見えています。

カラーサンプルから選び、いざ大きな面積の外壁に塗るとカラーサンプルで見た色よりも明るく見え、「もっと濃い色だと思ってたのに…」となる事が多いです。

ですので、サンプルから選ぶ場合は、電気の下で確認する室内より、実際外に出て色の確認をしてみたり、イメージしている色より彩度と明度を1つ下げて選ぶと、イメージに近い仕上がりになります。

※大きめ(A4サイズ以上)のサンプルを見せてもらうのも良いでしょう。

 

2-2 試験塗りをしてもらう

イメージしている色や、カラーサンプルから色を選んだら、実際に壁に試験塗りをしてもらい、色の出を確認するのも良いでしょう。

実際に塗ってもらう事で、晴れている時・曇りの時の色味を確認出来るので、より理想に近い色選びが可能になります。

※試験塗りをしてもらった時は、色に対して思ったことを事細かく業者にちゃんと伝えましょう。業者側もどんな色にしたいと思っているのかイメージしやすくなります。

※試験塗りには別途費用が掛かる可能性があります。あらかじめ業者に確認しておきましょう。

 

3.人気のある色は? 

先程までの注意点を見て来ても、まだどんな色を選べば良いのか悩んでしまう方もいらっしゃいますよね。そこで、少しでもイメージしやすくなるよう、一般的に人気のある色をご紹介いていきます。

●バランスが取りやすいベージュ系

image004

ベージュ系は家を大きく見せる効果もあり、どんなサッシの色でもバランスが取りやすく、和風の建物でも洋風でもよく合います。

近隣住宅とも調和がとりやすいです。

しかしベージュ系はいざ塗ってみると、思っていたのより白さが強く出てしまい失敗したと感じてしまう人も多いようです。汚れも目立ちます。

ベージュ系を選択される場合は、カラーサンプルの色より少し彩度を落としてみるか、試験塗りをちゃんと行って選ぶといいでしょう。

●モダンで落ち着いて見えるダークブラウン系

image028

モダン系の落ち着いた感じしたい方に選ばれやすいダークブラウン。

ただダークブラウン一色で家全体を塗られる方は少なく、赤茶色よりも焦げ茶色を選び、アクセントに付帯部やサッシの色を変えてみたりツートンカラーにしたり、2色以上使って塗り替える方が多いです。

●ナチュラルにまとめるグレー系

image060

明るめのグレーや濃いめのグレーを使い分けてのツートンカラーなど、こちらも2色以上使うのに人気があります。

白・黒・ブロンズ系のサッシの色でも合わせやすいです。

あまり薄いグレーを選ぶと、汚れた白色に見えるので、彩度には十分に気を付けましょう。

●和風・洋風にも合うオシャレなグリーン系

image020

グリーン系の色は意外に万能色でもあり、シックな和風の建物や、モダンな洋館風、明るく爽やかに可愛い洋風にも仕上げる事ができます。

サッシが白い場合はダークグリーンを選ぶと、昔の洋館を思わせる様な落ち着きと品のある雰囲気になります。

和風の建物は明るめのグリーン系にしてしまうとバランスが悪くなってしまいますが、抹茶系の和の色合いに合わせて彩度を落としていくと、渋くバランスが取れた感じになります。

明るめの色合いのグリーン系にブロンズ系のサッシの色は合わないので注意しましょう。

他にもタイルや玄関ドアとも合わせるのが難しいようでしたら、少しずつ彩度を落としていき、バランスを確認してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

外壁塗装は大きい面積を塗る事になるので、足場も組み立てて何日もかかります。そしてご近所への匂いの配慮もしないといけない。

失敗したからといってそんなにコロコロと塗り替えれる訳でもありません。その分費用も掛かってしまいます。

出来る限り失敗しないで自分のイメージ通りに、1回で塗り終えたいですよね。

今回の記事でそんな方のお悩みを少しでも解消出来ていれば幸いです。

じっくり考え、じっくり悩み、イメージ通りの素晴らしい外壁塗装を行って下さい。

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!