ブログタイトル

外装塗装に適した時期・季節の見分け方~兵庫県川西市の外壁塗装~

兵庫県川西市「知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

家に長く住んでいると色々と老朽化が進んできます。

最近外壁の汚れやヒビ割れが気になってきたけど、家はどのぐらいの年数で塗り替えるべきなのか、塗り替えする時の季節はいつが一番良いのかわからず、悩んではいませんか?

見た感じにはまだヒビもそこまでひどくないし、キレイに住めている方だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、あっという間に劣化が進んでしまうこともありますし、何より早めにメンテナンスを行えば費用も安く済みます。

どの様に判断すれば良いのか、この記事を参考にしていただければと思います。

1.外装塗装の目安は築10年目

house_reform-256x214

建物に目立った異常がなければ、一般的な塗り替え時期の目安は築10年ぐらいです。そこからまた10年後と定期的に塗り替えをして行きます。

ぱっと見てきれいでも、日々太陽光や雨に晒されている外壁は徐々に劣化していきますので、築年数で判断されるのも1つの手として良いと思います。

家は築10年目程から劣化の進行が早まり、築10年を目安に外壁の塗り替えをしてあげることで約3倍程長持ちすると言われています。

2.劣化している様には見えないけど…外壁塗装が必要?

「築10年以上経つが、キレイに保ってるから塗り替えは必要ない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

キレイに保っていると思うのは、目に見えての劣化症状がないからではないでしょうか。

塗装が剥がれてる、ヒビが入ってる等ぐらいでしか判断しにくいものだと思います。

2-1.目に見えてる部分だけが劣化ではない

coating

外壁は常に太陽光や雨などに晒されています。

日の当たる場所に置いてある物は、太陽光で日に焼けて変色したりする事がありますよね。

家だって同じように日に焼けているので、必ず劣化していきます。

「ヒビも入ってないし、目に見えて痛んでいるという箇所がないから・・・」だけではなく、築年数で判断されるのも良いと思います。

2-2.雨から家を守る

外壁にヒビが入っていれば、当然雨漏り等の原因に繋がりますが、外壁の防水処理・遮熱効果の劣化も家に取っては大きなダメージに繋がります。

外壁の塗装が水を弾かなくなると、外壁に雨が浸み込んしまうので、建物を傷みやすくしてしまいます。

2-3.定期的な塗り替えで費用を抑える

money_bag_yen

築10年以上経っていても「これぐらいなら大丈夫」と放置してしまうと、もっと建物の傷みを悪化させてしまい、その分、補修や塗り替えの費用が膨大なものになってしまう可能性もあります。

そうならない為にも、築10年目を目安に、早い段階で塗り替えを検討された方が、費用を抑える事にも繋がります。

3.外装劣化チェックをしてみましょう

築10年目はあくまで目安ですので、7~8年目ぐらいから早い段階で、家の傷みを発見できれば修繕費を安く抑えることもできます。

家の壁を外から見て定期的に点検するのも良いと思います。

◆劣化チェック項目◆

①外壁の色あせ・汚れがある(シミのようなもの)

image0013-300x225

②外壁にカビや藻が生えている

image0092-300x225

③塗装やタイルの剥がれ・浮き

image0094

④外壁にヒビ

c2e8d0a578bfd450b987722da55a412e-282x211

⑤シーリングの劣化

タイルの防水処理効果の劣化を表します。

76fedf56dbc69a893a96681f12899be0-400x246

⑥チョーキング現象

外壁を手で触った際に白い粉のようなものがつく現象のことを「チョーキング現象」と言い、塗装の防水処理効果の劣化を表します。

choking-300x225

上記のいずれかに検討する異常が見受けられた場合は、お家の劣化が始まっている証拠です。外壁塗装を検討した方がいいでしょう。

4.塗装に適した塗り替えの季節とは?

せっかく外装塗装をするなら、適した季節に塗り替えを行ないたいたいと考えられる方も多いかと思います。

外装塗装は湿度や気温、乾燥などが影響してきます。

では、いつの季節にするのが最も適しているのか?

残念ながら、湿度の高い日本では”完璧に適した季節”というのは難しいのですが、逆を言うとどの季節でも対応できるということです。

一般的に塗装シーズンは”春”とされています。しかし、季節ごとにそれぞれメリット・デメリットがありますので、ご要望と照らしあわせながら選ぶことが重要になってきます。

季節ごとのメリット・デメリットをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

bird_uguisu

一般的な塗装シーズン。この季節を選ぶお客様もたくさんいれば、気温が暖かくなり作業しやすくなるため、業者から提案されることも多い。

メリット・・・気候が穏やかで、晴れている時は湿度が低く、気温も高過ぎず、低過ぎずで塗料が乾きやすい。作業中は窓を閉めきって工事を行なうが、気候的に窓を閉めきっていても問題がない。

デメリット・・・雨が多く湿度が上昇してしまう。雨が降ると作業が出来なくなる為、工期も延びてしまう可能性がある。

himawari

長期休暇に入り家を空ける事も多くなるので、8月前半やお盆までにはという依頼が多い。

メリット・・・気温が高過ぎなければ、塗料の伸びも良く、乾きも早いので作業が他の季節と比較して早く進められます。(工期が短くなる)

デメリット・・・気温が高くなり過ぎると、塗装表面の乾燥が早すぎて、泡が生じてしまう可能性がある。さらに、突然ゲリラ豪雨が発生してしまうと、塗料の乾燥ができなくなり湿度も一気に上昇してしまう。

 

dokusyo_aki_woman

台風の強い雨風が原因で、雨漏りやシーリング切れ、落ち葉による雨どいの詰まりや掃除などの依頼が増える時期

メリット・・・春と同じで気候的が穏やかになり作業がしやすい。窓を閉めきっていてもあまり問題ない。

デメリット・・・台風が多い時期なので、湿度が上がってしまい、工期が延びてしまう可能性がある。

 

yukigeshiki

キレイにしてから新年を迎えたいという日本人の習慣から、クリスマス前や年末前までの依頼が増える時期

メリット・・・気温も低く、湿度も少なく、空気が乾燥しているので塗料の定着がとてもよい。窓を閉めきっての作業にも問題がない。

デメリット・・・日照時間が短くなるので、作業時間が少なく、真冬になると気温が低過ぎて塗料が乾きにくい。霜や雪などの影響もあり、工期が長く掛かる可能がある。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか。

どの季節を選択しても、下地・中塗り・上塗りと全ての工程で、しっかりと乾いてから塗って行く事が大切です。そういった事も業者選びのポイントに繋がるかもしれません。

外壁塗装の流れについて詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。

 

外壁塗装の塗り替え時期や、塗り替える季節の事も考えて、塗り替えるのを保留にしてしまっていると、外壁の劣化が進行し、余計な費用が掛かってしまう可能性も出てきます。気になったら出来るだけ早い対応をする事をお勧めいたします。

 

気になることやもっとこういうことを知りたいなどありましたら、コチラまでお気軽にご相談ください!

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!