ブログタイトル

雨が降ると気になる雨漏りの原因と修理方法~兵庫県川西市の外壁・屋根塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

春が終わると待っているのは梅雨。

梅雨の時期が終われば待っているのは太陽が輝く夏。

しかし、梅雨の時期だけではなく、夏にはゲリラ豪雨という信じられない雨量の雨が降り注ぎます。そんな時、自分の家はちゃんと雨から守れているのか心配になりませんか?

「雨漏り」と聞くと頭上からポタポタと落ちてくるイメージがあります。ですので、多くのみなさんは侵入口は屋根からだと思ってしまいます。

しかし、実は雨漏りの原因は屋根だけではありません。雨漏りの原因となる侵入口は屋根以外にも様々あり、頭上からポタポタと落ちて来るぐらいまでになると、水の浸食が家全体に進んでいる場合もあります。

そうならない為にも、早めの修理や「これぐらいなら・・・」と放置せず、専門家にすぐ診てもらう事がポイントになってきます。

この記事では、雨漏りが起こると建物がどうなるのかや雨漏りに関する修理方法、業者の選び方などをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

1.雨漏りの原因について

image001-214x214

1-1 雨漏りの原因となる侵入口は様々ある

天井からポタポタと落ちてくる雨漏りの原因は、屋根だけではありません。

もちろん屋根のひび割れ・ズレなどから雨水が侵入してくることもありますが、外壁のひび割れやシーリング劣化(防水処理が割れる)から浸入してくることもあります。ベランダやサッシ等の防水処理の老朽化やそもそも防水処理が不十分だったなどが原因で雨漏りに繋がるケースもあります。

このように様々な侵入口から雨水が建物内部に浸入し、壁や梁・柱などを経由して、家の中に染みができたり、天井からポタポタ落ちてきたりしてしまうのです。

1-2 築浅なのに雨漏り?!

家を建ててから約10年目ぐらいになると、屋根や壁などの塗り替え時期だと言われています。10年も経てば、屋根や外壁や細かい所も含め、老朽化が目立って来ます。しかし、まだ家を建ててから数年しか経っていない築浅なのに「雨漏りが気になる」といった場合があります。

<築浅で考えられる原因>

不十分な防水処理

建築構造がそもそも甘かったという場合もありますが、窓や換気口などの開口部の防水処理が十分ではない可能性があったりします。

西日による影響

西日による家の影響はかなりあります。西日はキツイ為、外壁の塗装が変色したり、防水処理やシーリング等を早く痛めてしまう可能性があります。

2.雨漏りを放っておくのは危険!

2-1 雨漏りの危険性

82faaeb5e7288b0ae1278e688148e54a-400x300

残念ながら、雨漏りが発生する前に見つけるのは難しく、家の中に雨水が落ちて来た、壁にシミができた、壁紙(クロス)が剥がれたなどの症状が出てはじめて雨漏りに気付くことがほとんどです。

しかし、そのような症状が出てきたときにはすでに躯体内がかなりヒドイ状態になってしまっています。なぜなら、侵入した雨水がジワジワと浸み込み、吸収しきれなくなった水分が家の中に症状として出てくるからです。

雨漏りをそのままにしておくと以下のような問題を引き起こしてしまいます。

木が腐ってしまったり、湿気を好むシロアリ発生の原因にもなる

耐震など家全体の強度や性能が損なわれてしまう

最悪の場合倒壊の危険性も出てきますので、雨漏りに気づいたら、すぐに専門の方に診てもらいましょう。

2-2 業者選びのポイント

お客様に、できる限り少ない負担で質のいい工事を提供しようとする「いい業者」もいれば、完成直後は不備に気づきにくいからといい加減な工事をする「悪い業者」もたくさんいます。ぜひこの見分けチェック表を利用してみてください。

image0021-1024x636

業者の見分け方についてより詳しく知りたい方はこちらの記事

3.雨漏りの修理方法

雨漏りの原因を調査するのはプロでも難しいため、慣れない方がやみくもに修理をしても雨漏りが止まる可能性は低いです。水の通り道がかわり、余計にひどくなる場合も考えられます。

あくまでプロの方に依頼し、来てもらうまでの間の応急処置方法だと考えて処置していただくと良いと思われます。

〈室内の処置〉

バケツをおいて天井からの水を受ける

バケツ等を受け皿にして床が濡れないようにして下さい。

落ちてきた水滴が受け皿の外に飛び散るのを防ぎたい方は、バケツのそこに雑巾を敷いたり、天井から受け皿の中に紐を垂らし、紐をつたって水が受け皿に落ちる様にすると良いでしょう。

防水テープで水の浸入口をふさぐ

室内で濡れている部分を防水テープで防ぎ、そこで室内に入ってくる水の侵入を食い止めるといった形の処置方法です。

防水テープはホームセンターで購入することができます。

〈屋外の処置〉

※屋根など高所での作業は非常に危険です。雨が降っている最中や少しでも不安な方、高いところが苦手な方はやめておきましょう。

コーキング材で侵入口をふさぐ

コーキング材とは壁や屋根材の隙間を埋めるものです。ホームセンター等で購入可能です。

雨漏りの侵入場所を特定出来ているのなら、コーキング材を注入して埋める応急処置方法をしてみるのも良いでしょう。

屋根にビニールシートをかぶせる

雨漏りの侵入場所が屋根からの場合は、屋根の上にビニールシートを被せるのもいいでしょう。土嚢を重りにして飛ばされないようにします。

屋根にのぼるのは大変危険ですので、屋根の場合は出来る限りプロの方に依頼するのをお勧めします。屋根の知識がない状態で登ってしまうと、屋根を痛めてしまうこともあります。

4.まとめ

雨漏りの原因となる問題点は様々な箇所から訪れます。

雨漏りしている近くから雨水が浸食しているとも限りません。

思いもよらない所から雨水がつたって雨漏りしている可能性もあります。

家の中で目に見えるカビの発見や匂い、家のきしみや床のきしみだったり、どこかから聞こえる雨垂れのポタポタという音など「気になるな?」と少しでも思ったら専門家にすぐ診てもらいましょう。

より良い状態で、より丈夫に、長く快適な家を保つ為にも、この記事を少しでも参考にしていただければ幸いです。

気になることやもっとこういうことを知りたいなどありましたら、コチラまでお気軽にご相談ください!

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!