ブログタイトル

シャッター塗装で役立つ基礎知識~兵庫県川西市の外壁塗装

兵庫県川西市 「絶対知っておきたい塗装の基礎知識」

******************************

シャッターのサビや色あせ、塗料の剥がれなどが気になってはいるものの、自分絵で塗装できるのか業者に依頼したほうがいいのかわからず、そのままほったらかしにしていませんか。

この記事では、シャッターの塗装を検討する際に役立つ情報をぎゅっとまとめています。自分で塗装するのか、業者に依頼したほうがいいのか、塗装工程や色選びまでご紹介して参りますので、ぜひ参考にしてみてください。

シャッター塗装で役立つ基礎知識

1.シャッターは自分で塗装?業者に依頼?

できれば業者に依頼することをおすすめします。シャッターにも、倉庫やガレージに設置するシャッターや雨戸などさまざまな種類があり、素材も多種多様です。そんななか、お家のシャッターに合わせた塗料選びから道具の準備、塗装方法のリサーチを行なうとなると、かなり膨大な時間と手間がかかります。劣化状況しだいでは専門的な技術を要する可能性があり、失敗する可能性も少なくありません。

シャッターの素材や種類によって多少異なりますがおよそ5~10年が塗り替えの目安のため、屋根や外壁の塗替えの際、一緒に塗り替えてもらうよう業者に依頼するといいでしょう。足場組立費用が一度で済むため、トータルで考えるとお得になります。外壁・屋根塗装のオプションとして、格安でシャッターの塗装を行なってくれるケースも有ります。

以上をふまえて、自分で塗装するか業者に依頼するか判断がつかない場合は、それぞれのメリット・デメリットを比較して考えるのもいいでしょう。

自分で塗装する 業者に依頼する
メリット ・費用を安く抑えられるときもある※

・好きなタイミングで塗装できる

・失敗のリスクがない

・業者が全てやってくれる

デメリット ・シャッターに合う塗料や必要な道具を自分で選び、調達する必要がある

・シャッターの種類や劣化状態によっては高度な技術や知識が必要な場合もある

・早期に塗膜が剥離するなど、失敗のリスクもある

・一定以上の費用がかかる

・業者選びや打ち合わせなどに時間が取られる。

※塗料代、道具代等を考えると業者に依頼するよりも割高になってしまうこともあります

2.シャッターの塗装工程

まずは、ケレンと呼ばれる下地処理を行ないます。ワイヤーブラシやサンドペーパー等専用の道具を使用して、旧塗膜やサビを除去していきます。その後、洗浄を行ない、ホコリやカビ、苔などを洗い流します。(※電動シャッターの場合は水が入り込むと故障の原因となるため注意が必要です。)

きれいになったら、サビ止めの効果がある下塗り専用の塗料を塗って、乾燥したら、さらに中塗、上塗り専用の塗料を塗り重ねます。

3.自分でシャッターを塗装する場合に気をつけておくべきポイント

自分で塗装する際には、正しい工程を守ることが上手く塗装する秘訣です。気をつけておきたいポイントを2つご紹介いたしますので、必ずチェックしましょう。

◎塗装の品質を左右するケレン作業は必ず行なう

シャッターにサビが発生している場合には、サビを除去する「ケレン」と呼ばれる作業が必要です。ケレンをせずに塗装をすると、塗膜が早期に剥がれてしまうことにつながりかねますので、必ず行ないましょう。あえて表面にキズをつけることで、塗料の密着性を高めるという効果もあります。

◎サビ止め効果のある塗料を選ぶ

シャッターを劣化させる最大の要因はサビです。そのため、下塗り専用の塗料にサビ止め効果のある塗料を選び、2回以上塗る必要があります。ホームセンターやインターネット等で購入することができます。

4.シャッターの色選びに役立つポイント

「せっかく塗装するなら、色を変えたい」という方もいらっしゃるかもしれません。シャッターの色選びに役立つポイントを3つご紹介いたします。

◎色見本はA4サイズ以上の大きなもので確認!

同じ色でも、大きい面積で見る時と小さい面積で見る時とでは受ける印象が変わってくるため要注意です。大きい面積で見る時の方が、明るい色はより明るく、鮮やかな色はより鮮やかに、暗い色はより暗く見えます。A4サイズ以上の色見本で確認したり、明るい色であれば気に入った色より少し暗い色を、暗い色であれば少し明るい色を選ぶといいでしょう。

また、室内で見る色と外に出て太陽光のもとで見る色とでも印象が変わってきます。実際に外に出て、できれば朝・昼・夜など違う時間帯に色見本を確認しておくことをおすすめします。

◎なかなか色が決まらない場合は、色の持つ印象を参考にする

色にはそれぞれ異なる印象があります。「上品な」「優しい」「さわやかな」など演出したいイメージを明確にすることで自然とどういう色にすればいいのかみえてきます。

◎窓のシャッターはサッシの色と合わせるとおさまりがいい

窓シャッターの場合、外壁や屋根との調和も考える必要があるため、色選びに迷いがちです。サッシの色と同じにすると、統一感が生まれバランス良く仕上がります。

サッシの色と異なる色にしたい場合は、屋根や外壁、雨戸以外のサッシやドア、雨樋などの色との組み合わせが重要になってきます。色の数が増えるほど全体のバランスを整えるのが難しくなってきますので、依頼した業者やカラーコンサルタントなどの色のプロに相談してみましょう。

 

いかがだったでしょうか。

記事をまとめると以下の3点がポイントです。

  • シャッターは業者に依頼するのがおすすめで、屋根・外壁塗装と一緒に塗り替えるとお得!
  • 塗装を自分で行なう際には、ケレン作業を必ず行なうこととサビ止め効果のある下塗り材を使用することが重要
  • 窓のシャッターの場合は、サッシと同じ色にすると◎

 

次回は「ベランダに起こる劣化症状とその補修方法」についてお話したいと思います。

ベランダは雨風に晒されることが多く劣化しやすい箇所です。劣化を放置しておくと雨漏りの原因となり、建物内部を腐食してしまうため、ベランダの補修は早めに行なうことが重要です。

気になることやもっとこういうことを知りたいなどありましたら、コチラまでお気軽にご相談ください!

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!