ブログタイトル

スレート屋根(スレート瓦)の素材と修繕方法~兵庫県川西市の外壁塗装~

 

前回モニエル瓦をご紹介した際に出て来たスレート屋根を、今回はご紹介していきたいと思います。

近年多く使用される様になったスレート屋根ですが、スレート屋根とはいったいどういう屋根材なのか、どんな種類がありどんな特徴があるのか、参考にしていただければと思います。

 

 

【目次】

1.スレート屋根とは?

2.スレート屋根の素材

3.スレート屋根のメンテナンスチェック項目

4.スレート屋根の修繕方法は?

 

5.まとめ

 

 

 

1.スレート屋根とは?

原材料はセメントとアスベスト(石綿)を混合して作られた薄い瓦の事を言います。

しかし、アスベストの人体影響が懸念され、アスベスト使用が禁止になり、現在のスレート屋根には天然パルプが使用され、アスベストは使用されていません。

 

 

%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b1%8b%e6%a0%b9

 

 

 

 

2.スレート屋根の素材

薄い板状の屋根の事を指すスレート屋根。

材料によって大きく分けられるのが化粧スレートと天然石スレートの2種類になります。

では、その2種類の違いを詳しく紹介します。

 

2-1 化粧スレート屋根(セメント系スレート屋根)

セメントと繊維を混ぜ、厚さ5mmに成型された平板状の屋根の事を指します。品質が均一化されており平板状なので、運びやすく、施工費も安く済むので現在は主流のスレート屋根になっています。

「カラーベスト」や「コロニアル屋根」とも呼ばれている場合もありますが、こちらは化粧スレートの商品名になり、爆発的な普及をした為、それが定着してしまい、化粧スレートの事を「カラーベスト」や「コロニアル屋根」と呼ばれる方が多いそうです。

 

2-2 無石綿スレート屋根(化粧スレート屋根)

「石綿」とは化粧スレートの中に含まれている繊維の一部の事を指し、石綿は英語でアスベストです。

そのアスベストの原因にもなった石綿を使用せず、天然パルプを混合し製造したスレート屋根の事を指します。

 

2-3 石綿スレート屋根(化粧スレート屋根)

セメントに混ぜる繊維の一部に石綿(アスベスト)が入っており、それを含むスレート屋根の事を指しています。

しかし、アスベストは健康被害が懸念され、使用が禁止になりましたので、今となっては製造・使用されていないスレート屋根になります。

※石綿スレート屋根を使用しているからというだけで、アスベスト被害にあう訳ではありません。

2-4 天然石スレート

天然の岩でもある粘板岩を、薄く板状に加工したスレート屋根の事を指します。

天然岩を使用している為、高価なものになりますのでほとんど普及していません。

重量もあり意外に割れやすく、運搬時にも施工時にも細心の注意が必要になります。

天然石スレートのほとんどは海外からの輸入に頼っています。

 

 

3.スレート屋根のメンテナンス

スレート屋根のメンテナンスのタイミングは難しく、雨漏りなどの症状が出て初めて分かる事が多いようです。

普通の屋根の様に、10年~15年を目安に定期的にメンテナンスを行うのが良いでしょう。

劣化症状として目視で確認出来る項目をご参照ください。

 

※目視になりますが、屋根の上に乗ってのチェックは大変危険ですので、見える範囲でチェックを行って下さい。

 

1.天井にシミ・雨漏りがしている

82faaeb5e7288b0ae1278e688148e54a-400x300

 

 

 

2.色あせ・塗装が剥げて来ている

%e5%9b%b31

 

 

 

3.カビや苔が生えている

%e5%9b%b32

 

 

 

4.屋根にひび割れやズレがある

%e5%9b%b33

 

 

以上、上記に検討する事があれば専門業者に診てもらうと良いでしょう。

 

 

4.スレート屋根の修繕方法は?

スレート屋根の修繕方法は主に屋根の塗装・葺き替え・カバー工法(重ね葺き)の3つになります。

では3つの修繕方法の仕方とメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

4-1 屋根塗装

●メリット●

今ある屋根材はそのままで、「保護」という形で塗装コーティングします。

防水・遮熱・断熱と高性能な屋根塗料は多く、使う塗料によって修繕費用は異なりますが、葺き替え・重ね葺きと比べると塗装は比較的安価で行えます。

 

●デメリット●

比較的安価で行えるメンテナンスにはなるのですが、元々劣化している屋根材をそのまま使用し、塗装でコーティングして「保護」をするという形になるので、スレート屋根の耐久性が回復する分けではありません。

※スレート屋根の場合、塗装の際に「縁切り」といって水の逃げ道を作ってあげる必要があり、タスペーサーというものを屋根に噛ませます。しかし、この「縁切り」を行わない業者が多いようなので、注意が必要です。

%e5%9b%b34

 

 

4-2 カバー工法(重ね葺き)

●メリット●

今ある屋根はそのまま残し、上から新たに新品の屋根材を設置します。古くなった屋根の撤去を行わない為、工期も短く、騒音も少ない。工事中の雨漏りの心配の必要もありません。

修繕費用としては、塗装よりは高く葺き替えよりは安く行えます。

 

●デメリット●

既存の屋根材を残したまま新しい屋根を設置しますが、その屋根もいつかは劣化するので、その時が来たら産廃する事になりますが、その分の産廃処理費用が掛かってしまいます。

野地板と防水シート(ルーフィング)の確認もとれないので、腐食している場合は分からないまま、広がって行ってしまいます。屋根の重量も増えてしまいますので、耐震などの心配も出てきます。

 

4-3 葺き替え

●メリット●

今ある屋根材を撤去し、新しく屋根を付け替えます。屋根を撤去するので、野地板の上に敷く防水シート(ルーフィング)や野地板のお手入れも可能になります。屋根自体を付け替え新品になるので、防水性・耐久性がある。

 

●デメリット●

既存の屋根を撤去し新しく付け替える為、工期も掛かり、騒音が出ます。既存の屋根の産廃も発生してしまいます。修繕費用としては塗装・重ね葺きと比べると高くなってしまいます。

※屋根を撤去する為、アスベストが含まれているスレート屋根の場合、この時にアスベストが飛散する可能性が出てきてしまいます。

 

 

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

スレート屋根は軽くてメリットも多い屋根材ではありますが、メンテナンスのタイミングが難しい屋根材でもあるので、1年に1回くらいは、自分の目で確認出来る程度のチェックを行いメンテナンスの時期を考えてみてはいかがでしょうか。

屋根ですので、くれぐれもご自身で屋根の上に乗ってのチェックは危険ですので止めておきましょう。

 

スレート屋根に含まれるアスベスト問題については2006年に完全に製造・在庫・輸入も禁止されています。ただし2006年前の施工に関しましては、含まれている可能性があるかもしれませんので、スレート屋根の修繕をされる時は、専門業者としっかり話し合いをしましょう。

 

おうちの健康診断

見積書の見方

住宅塗り替え工事で失敗しないために読む本

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!